クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4630×1785×1685mm/ホイールベース=2630mm/車重=1660kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボディーゼル(173ps/3750rpm、36.7kgm/2000rpm)/価格=299万9850円(テスト車=344万2350円/バイキセノンヘッドランプ=6万3000円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+ステアリングスイッチ+サイドブラインドモニター+バックビューモニター=34万6500円/ETC=3万3000円)

日産エクストレイル 20GT(4WD/6MT)【試乗記】

1万円で自動車旅行 2009.03.11 試乗記 日産エクストレイル 20GT(4WD/6MT)
……344万2350円

高速道路の料金が1000円になったら、どんなドライブを楽しもう? 「日産エクストレイル 20GT」のようなクルマで遠くを目指すのも楽しいかもしれない。

クルマ選びが少し変わる(かもしれない)

この原稿を書いている時点ではまだ最終決定ではないけれど、どうやら「Xデー」は2009年3月28日(土曜日)になりそうな気配。この日から、地方では距離にかかわらず、土日祝日の高速道路料金の上限が1000円になる。と、自分で書きながらホントにそんなことが実現するのか半信半疑なわけですが、どうやら自分の目の黒いうちに、そんなことが実現するらしい。

早起きしてバビューンと遠出をするような休日の過ごし方が広まると、クルマ選びも少し変わるかもしれない。たとえば世界で初めて日本のポスト新長期規制をクリアした、クリーンディーゼルエンジンを積む「日産エクストレイル 20GT」のようなクルマが脚光を浴びるのではないか。

軽油とガソリン価格が急接近しているので以前より“うま味”が少ないとはいえ、長距離を走ると仮定すれば燃費のよさは魅力的だ。欧州市場でラインナップされる6段ATモデルは導入検討中とのことで、日本市場では当面、6段MTだけしか用意されない。けれど、渋滞する市街地でウロウロする機会が減るのであれば、多少はハードルも低くなるはず。このクルマでグランドツーリングをするとどんなものか、幸いにもスタッドレスタイヤを装着した広報車両があるというので、東北地方まで連れ出してみた。

車外で聞いていると、アイドリング時の2リッターのディーゼルターボは、ディーゼルっぽいノイズを発する。けれど、運転席に腰掛けてドアをぱたんと閉めると、音は気にならなくなる。信号待ちなど停止状態では、ステアリングホイールから伝わる振動を感じるものの、発進してエンジンを1500rpmも回すと振動は消える。人間の体はよくできているというべきか鈍感というべきか、ものの30分も乗っているとディーゼルエンジンを積んでいるという事実をすっかり忘れてしまった。


日産エクストレイル 20GT(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大
ルノーが基本的な設計を担当し、日産の環境技術を取り入れることで完成した2リッターのディーゼルターボユニット。フランスのクレオン工場で製造される。
ルノーが基本的な設計を担当し、日産の環境技術を取り入れることで完成した2リッターのディーゼルターボユニット。フランスのクレオン工場で製造される。 拡大

クルマの性格は“大陸的”

6段MTは上出来で、カキンコキンと気持ちよくシフト操作ができる。クラッチの作動も滑らか。なにより低回転域からエンジンが有効なトルクを発生するので、マニュアルシフトはまったく苦にならない。自然と、1500〜2000rpmあたりでポンポンと早め早めにシフトアップする運転スタイルとなる。

低回転域での豊かなトルクはスペック表でも証明されており、最大トルク36.7kgmを2000rpmで発生している。日産でこれに近いスペックのエンジンを探すと、最大トルク36.0kgmを3200rpmで発生する3.5リッターV6のVQ35DE型ガソリンエンジンが該当する。「エルグランド」などに積まれるこのエンジンと比べても、エクストレイルのディーゼルターボのほうが、低回転域のトルクが少しリッチなのだ。

高速道路に入ってからの巡航は快適のひとこと。まず、シートがいい。サイズがたっぷりしている以外、特徴があるようには見えないものの、300kmぐらい一気に走ってもお尻が痛くなったり、体の一部に特に疲労を感じるようなことがない。ザックス製のダンパーを備えた足まわりも、乗り心地は適度にマイルドでありながら、ボディの上下の揺れは最小限に抑えるという絶妙のセッティング。あるいはスタッドレスタイヤを履いていることで、少し乗り心地が柔らかい方向に振れているのかもしれないけれど、乗り心地のよさと安定感が両立している。

寡黙でありながら良心的な仕事をするエンジンの性格もあいまって、日産エクストレイル 20GTはグランドツーリングにぴったりの“大陸的”な性格を身につけている。高速道路でのクルージングが退屈ではなく、はるか彼方を目指して、どこまでも走りたくなる。正直、こんなにいいとは思わなかった。忘れちゃイカンのだけど「値下げをETC装着車に限定する根拠」とか「渋滞は?」といった高速道路料金値下げの問題点を忘れてしまいたくなる。


日産エクストレイル 20GT(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大

日産エクストレイル 20GT(4WD/6MT)【試乗記】の画像 拡大
「Clean Diesel」という宣伝用ステッカーはさておき、欧州仕様のフロントバンパーやグリル、ハロゲンフォグランプなどで外観はガソリン仕様と差別化される。
「Clean Diesel」という宣伝用ステッカーはさておき、欧州仕様のフロントバンパーやグリル、ハロゲンフォグランプなどで外観はガソリン仕様と差別化される。
拡大

雪道でも抜群の安心感

東北道から山形道へ進むと、周囲の景色が雪化粧を始める。雪道を走ってみようと、山形蔵王インターで降りてみる。東北道の川口料金所から350km、エクストレイル20GTと過ごした4時間強は、あっと言う間だった。そして都心からたったの数時間でこんなにも違う景色と対面できるあたり、日本は狭いかもしれないけれど長い。

インターチェンジ周辺の道路は綺麗に除雪されているものの、山を登るにつれて路面にもちらほら雪が見え始める。そして圧雪と溶けかかった雪が交互に現れるようになり、やがて完璧な雪道となる。雪道に慣れているわけじゃないので、周囲に迷惑をかけない程度にそろそろと走る。四駆システム「ALL MODE 4×4-i」を四駆モードに入れておくと、ブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザックREVO2」の協力もあって、エクストレイルはどっしり落ち着いて走る。こういう場面でも、素直な反応を見せるディーゼルターボエンジンのレスポンス、良好な乗り心地、しっとりとしたステアリングフィールなどが心強い。

蔵王のとあるスキー場の駐車場へ乗り入れてゲレンデを見渡す。ゲレンデはガラガラで、20年振りにスキーをやってみようかという気になったり。1980年代後半のスキーブームの頃はリフト乗り場に長蛇の列ができていたのに、大げさに言えば貸し切り状態だ。さらにスキーだけじゃなく、温泉の煙も魅力的。懐に余裕があれば、日本蕎麦や山形牛の名店に寄ってもいい。

都心からここまでの有料道路の料金は、首都高速の700円+東北道の7650円、往復で1万6700円。これが首都高速500円+大都市近郊区間分700円+1000円の往復で4400円になるわけだから、かなりグッとくる。ちなみに燃費はそれほど芳しくないので筆圧を弱めて書きますが、往復で968.4km走って軽油を78.05リッター消費、12.41km/リッターだった。山道をがんがん走ったし、スタッドレスタイヤを装着していたし、というのは言い訳です……。軽油は99円/リッターで、燃料代は7726円。高速道路の値下がりが実現した暁には、1万円ちょっとでこんな自動車旅行が実現することになる。

「歴史的な暖冬なのに、CO2を増やすような施策を講じてどうする」という声もあるでしょう。でも、クルマ趣味以外は倹約をモットーに、いたって質素な暮らしをしているわけです。でたらめに化石燃料を燃やそうというつもりは毛頭無いので、年に何度かはこうした自動車旅行を楽しませてくださいと、心の底よりお願いしたいのです。

(文=サトータケシ/写真=郡大二郎)

雪道やラフロードなど、滑りやすい急勾配の下り坂に対応するヒルディセントコントロールが備わる。これは、ブレーキを踏まなくても7km/h程度でゆっくり坂道を降りることができる機能。逆に、急勾配の登り坂で2秒以上ブレーキを踏んで停止するとヒルスタートアシストが作動し、ずるずる後退することなく発進できる。
雪道やラフロードなど、滑りやすい急勾配の下り坂に対応するヒルディセントコントロールが備わる。これは、ブレーキを踏まなくても7km/h程度でゆっくり坂道を降りることができる機能。逆に、急勾配の登り坂で2秒以上ブレーキを踏んで停止するとヒルスタートアシストが作動し、ずるずる後退することなく発進できる。
拡大
雪深い地へ行く今回の取材では、シートもラゲッジルームもルーフもすべて防水という、エクストレイのこだわりのインテリアの恩恵にあずかった。四駆システム「ALL MODE 4×4-i」のFF〜4WDの切り替えは、シフトレバー前方のダイヤルで行う。
雪深い地へ行く今回の取材では、シートもラゲッジルームもルーフもすべて防水という、エクストレイのこだわりのインテリアの恩恵にあずかった。四駆システム「ALL MODE 4×4-i」のFF〜4WDの切り替えは、シフトレバー前方のダイヤルで行う。 拡大
上段と下段の2重構造にしたりトレイを設けるなど、ラゲッジルームは使い勝手がよく考えられたもの。上段と下段を仕切るウォッシャブルラゲッジボードは、その名の通り丸洗い可能。
クリックすると、ウォッシャブルラゲッジボードの下の収納が見られます。
上段と下段の2重構造にしたりトレイを設けるなど、ラゲッジルームは使い勝手がよく考えられたもの。上段と下段を仕切るウォッシャブルラゲッジボードは、その名の通り丸洗い可能。
クリックすると、ウォッシャブルラゲッジボードの下の収納が見られます。
拡大

関連キーワード:
エクストレイル日産試乗記

あなたにおすすめの記事