ホンダ、軽量小型の新ハイブリッド技術を開発

2012.11.13 自動車ニュース

ホンダ、軽量小型の新ハイブリッドシステムを開発

本田技研工業は2012年11月13日、小型車に最適な1モーターの新ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive(スポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)」の概要を発表した。

このシステムは、新開発の1.5リッター直4アトキンソンサイクルエンジンに、高出力モーターを内蔵した7段DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたもの。

クラッチによってモーターとエンジンの接続・切り離しが可能で、発進時や低中速でのクルーズ時にはエンジンを切り離し、高効率なEV走行を実現。また加速時や高速でのクルーズ時にはモーター+エンジンによるスポーティーな走りを実現するという。そのほか、エネルギー回生を高めるなどして、1.5リッターエンジンのハイブリッドシステムとしては、クラストップレベルの燃費性能を達成したと同社はうたっている。

このほかにもホンダでは、すでに「SPORT HYBRID Intelligent Multi Mode Drive(スポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・マルチ・モード・ドライブ)」、「SPORT HYBRID SH-AWD(スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ)」という2つのハイブリッドシステムについても、概要を発表している。 ホンダではこれら3つのハイブリッドシステムを、モデルラインアップの特性に合わせて順次採用していく予定だ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。