【スペック】全長×全幅×全高=4295×1775×1480mm/ホイールベース=2610mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC 16バルブ(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=324.0万円(テスト車=同じ)

シトロエンC4 1.6Tエクスクルーシブ(FF/4AT)【試乗記】

エンジンスワップ完了 2009.03.10 試乗記 シトロエンC4 1.6Tエクスクルーシブ(FF/4AT)
……324.0万円


シトロエンC4が、マイナーチェンジで生まれ変わった。合理化の波と共にやってきた新エンジンを、ダブルシェブロンはどう調理したのか? MINIクーパーSとベースが同じエンジンを積む「1.6Tエクスクルーシブ」で試した。

小排気量化の流れはシトロエンにも

「シトロエンC4」にターボが付いた。といってもドカンとパンチを増したのではなく、低速から高回転まで満遍なく底上げし、いかにもC4らしい優雅さと快適さを強調する仕立てになっている。これまでも、この風味を愛するユーザーに評価されてきたところを、さらに念入りに磨き上げるマイナーチェンジだ。

まだまだ少数派のシトロエンだが、だからこそ選びたくなったりもする。全長4.3m級と手頃なサイズで使いやすい5ドアハッチバックだから、ちょっと洒落たライフスタイルと知性の表現として、真剣に検討する値打ち、おおいにあります。

ところでC4は、2009年に向けて日本での車種構成が少し変わった。従来はすべてNA4気筒の1.6、1.6EX 、2.0、2.0エクスクルーシブ、1.6VTR、2.0VTSの6車種だったが、これからは1.6、1.6Tエクスクルーシブ、1.6VTRの3種類に統合される。

1.6はこれまでより10psアップの120ps、新たに加わったターボ(モデル名の“T”がその印)は従来の2.0(143ps)とほとんど同じ140ps。ただしトルクは大幅増強で、2.0が20.8kgm/4000rpmだったのに対し、今度は約18%も太い24.5kgmを1400〜3500rpmという広い回転域でしぼり出す。

新エンジンは、1.6リッターNA、1.6リッターターボともに、PSAとBMWの共同開発ユニット。しかしながら、スペックや味付けは異なる。
新エンジンは、1.6リッターNA、1.6リッターターボともに、PSAとBMWの共同開発ユニット。しかしながら、スペックや味付けは異なる。
装飾パネルやタコメーターの位置など、内装にも細かな変更が加えられた。
装飾パネルやタコメーターの位置など、内装にも細かな変更が加えられた。
関連記事
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る