【スペック】全長×全幅×全高=4295×1775×1480mm/ホイールベース=2610mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC 16バルブ(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=324.0万円(テスト車=同じ)

シトロエンC4 1.6Tエクスクルーシブ(FF/4AT)【試乗記】

エンジンスワップ完了 2009.03.10 試乗記 シトロエンC4 1.6Tエクスクルーシブ(FF/4AT)
……324.0万円


シトロエンC4が、マイナーチェンジで生まれ変わった。合理化の波と共にやってきた新エンジンを、ダブルシェブロンはどう調理したのか? MINIクーパーSとベースが同じエンジンを積む「1.6Tエクスクルーシブ」で試した。

小排気量化の流れはシトロエンにも

「シトロエンC4」にターボが付いた。といってもドカンとパンチを増したのではなく、低速から高回転まで満遍なく底上げし、いかにもC4らしい優雅さと快適さを強調する仕立てになっている。これまでも、この風味を愛するユーザーに評価されてきたところを、さらに念入りに磨き上げるマイナーチェンジだ。

まだまだ少数派のシトロエンだが、だからこそ選びたくなったりもする。全長4.3m級と手頃なサイズで使いやすい5ドアハッチバックだから、ちょっと洒落たライフスタイルと知性の表現として、真剣に検討する値打ち、おおいにあります。

ところでC4は、2009年に向けて日本での車種構成が少し変わった。従来はすべてNA4気筒の1.6、1.6EX 、2.0、2.0エクスクルーシブ、1.6VTR、2.0VTSの6車種だったが、これからは1.6、1.6Tエクスクルーシブ、1.6VTRの3種類に統合される。

1.6はこれまでより10psアップの120ps、新たに加わったターボ(モデル名の“T”がその印)は従来の2.0(143ps)とほとんど同じ140ps。ただしトルクは大幅増強で、2.0が20.8kgm/4000rpmだったのに対し、今度は約18%も太い24.5kgmを1400〜3500rpmという広い回転域でしぼり出す。

新エンジンは、1.6リッターNA、1.6リッターターボともに、PSAとBMWの共同開発ユニット。しかしながら、スペックや味付けは異なる。
新エンジンは、1.6リッターNA、1.6リッターターボともに、PSAとBMWの共同開発ユニット。しかしながら、スペックや味付けは異なる。
装飾パネルやタコメーターの位置など、内装にも細かな変更が加えられた。
装飾パネルやタコメーターの位置など、内装にも細かな変更が加えられた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る