第81回:さらばCDプレイヤー! カーオーディオ取り付け奮闘記

2009.03.07 エッセイ

第81回:さらばCDプレイヤー! カーオーディオ取り付け奮闘記

iPod導入作戦その後

今年1月に「ガキっぽいデザインに喝―ッ!」と題し、iPodを車内で楽しむのに苦労している様子を記した。その後もFMトランスミッターを使い続けたのだが、やはり音質が悪く、使い勝手も我慢の限界に達した。
そこで辿り着いた結論は「デザインに少々目をつぶっても、iPodと直結できるカーオーディオを買う」ということ。

いちばん簡単なのは、前面にAUX端子やUSB対応のものということになる。
だがどうせならiPod対応を謳っていて、専用ケーブルを介してドックコネクタに直結し、カーオーディオだけでほぼ完全にiPodを操れるタイプのほうがいい。なにしろそのほうが運転中に安全だし、ダッシュボードまわりもすっきりする。

ネット検索したところ、アルパインにiPod専用、つまり「CDプレイヤーなし」という機種があることを知った。日本でもデジタルメディアヘッドユニットとして「iDA-X100」「iDA-X200」の名称で売られているモデルである。

考えてみれば、iPodを車内で使うようになってから、CDを持ち込むことがなくなった。もはやCDプレーヤーなしでも人生やってゆけることがわかったボクは、その製品企画の潔さに共鳴した。操作ダイヤルが妙に大きくて使いやすそうなのもいい。

懐が寒いボクにとって嬉しいことに、欧州市場には上記2機種のさらなる廉価版にあたる「iDA-X300」という商品があることも判明した。実勢価格は149.9ユーロ(約1万8000円)である。
カーオーディオ愛好者には驚かれるかもしれないが、ボクの人生で過去最高額のカーラジオだ。だが、演奏会のチケットを何枚か買ったと考えることにして、店を探すことにした。

往復800kmの買い物

ところが、イタリアでもボクが住んでいるような地方都市の家電量販店では、CDプレーヤー付きの従来機種は売られていても、iPod専用オーディオはなかなか店頭に並んでいない。日本じゃこのシリーズは、すでに生産完了品になっているにもかかわらずである。欧州の電気製品事情はこんなモノとはわかっているが、悲しくなった。

そこで考えたのが、近日行く予定のフランスにあるチェーン系カーショップで、購入がてら取り付けてもらうことであった。取り付け料は20数ユーロ。日本におけるオートバックスのようなこうした大規模チェーンは、いまだイタリアにはないのだがフランスにはあるのだ。
しかしよく考えてみると、フランスまでの道のりは片道約600km。今のFMトランスミッターではイライラして、道中耐えられそうにないので、やはりイタリアで探すことした。

そしてようやく発見したのは、仕事で訪れた約400km離れたトリノの家電量販店だった。「iDA-X300」は、iPod接続を謳いながら「iPod用コネクトケーブルは19.9ユーロの別売」というのが少々納得できないが、「USB接続だけで充分」という人もまだまだ多いということだろう。

欧州仕様アルパイン「iDA-X300」と別売のiPodケーブル。
欧州仕様アルパイン「iDA-X300」と別売のiPodケーブル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。