ホンダが新開発のEVコミューターを公開

2012.11.14 自動車ニュース
「ホンダ・マイクロコミュータープロトタイプ」
ホンダ、近距離移動用の超小型EVを公開

ホンダ、近距離移動用の超小型EVを公開

本田技研工業は2012年11月13日、近距離移動用の超小型電気自動車(EV)「マイクロコミュータープロトタイプ」を公開。2013年から実証実験を開始すると発表した。


ホンダ、近距離移動用の超小型EVを公開

「マイクロコミュータープロトタイプ」は、国土交通省が主体となって検討している超小型モビリティーの車両区分、および欧州の二輪カテゴリーの1つである「L7カテゴリー」での利用を念頭に開発された、近距離移動用の超小型EVだ。小柄でありながらドライバーと子ども2人の乗車を可能としている。

車体は、バッテリー、モーター、コントローラーなどを床下やリアスペースに配置し、動力機能をコンパクトにまとめた「Variable Design Platform」と呼ばれる構造を採用。これにより、高齢者の移動手段や営業車など、さまざまな用途に合ったボディーと内装を、比較的容易に開発・生産することができる。

個人所有のタブレット端末との連携も考慮されており、端末を車体につなぐことで、メーターやナビゲーション、オーディオ、バックモニターとして利用することが可能。ルーフに設けた太陽電池でタブレットのバッテリーを充電することもできる。なお、この太陽電池については、将来的には太陽エネルギーによる走行補助も視野に研究が進められている。

また、「マイクロコミュータープロトタイプ」は単なるEVとしてだけでなく、家庭用蓄電池として利用することも考慮されている。ホンダでは、さいたま市で進められている「HSHS(Honda Smart Home System)」の実証実験とも連携し、エネルギーマネジメントの最適化によるCO2削減効果や顧客価値などを検証していく予定だ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。