【スペック】全長×全幅×全高=4590×1830×1685mm/ホイールベース=2730mm/車重=1660kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=377.0万円(テスト車=同じ)

シトロエンC4ピカソ 1.6Tエクスクルーシブ(FF/4AT)【試乗記】

テンロクでもこれなら十分 2009.03.06 試乗記 シトロエンC4ピカソ 1.6Tエクスクルーシブ(FF/4AT)
……377.0万円

7人乗りミニバン「C4ピカソ」のエンジンがリニューアルした。新エンジンは、従来より排気量が400cc小さい1.6リッターターボユニット。さっそくその走りを試した。

ミニバンで一番快適

今の日本で買える中で、おそらく最も快適なミニバンが「シトロエンC4ピカソ」だろう。まあ快適の解釈にもいろいろあって、旅客機のファーストクラスみたいな着座感を豪華絢爛に演出したのが好きなら「トヨタ・アルファード」や「ヴェルファイア」が一番だろうし、ガツンと明るく割り切った道具感こそミニバンの快適さだと思うなら「クライスラー・グランドボイジャー」を選びたくなるが、クルマ全体のまとまりで見ればC4ピカソが光る。

そのC4ピカソの車種構成が少し変わった。これまでは「2.0」と、少し豪華な「2.0エクスクルーシブ」の2車種だったが、今度は「1.6Tエクスクルーシブ」に一本化される。名称からわかる通り、違いはエンジンにある。2.0が自然吸気4気筒1997ccのRFJ型なのに対し、新シリーズは4気筒1598cc。排気量が縮小されたぶんランクが下がったように見えそうだが、“T”が示すように今度はターボが付くから、モータースポーツ界の常識を当てはめて1.7の係数をかけるとNAの2717ccに相当する。

したがって最高出力は2.0の143ps/6000rpmにくらべて140ps/5800rpmとほぼ同程度だが、最大トルクは20.8kgmから24.5kgmへと約18%も引き上げられ、それを生む回転域も1400〜3500rpm と全体に低めで非常に幅広い(2.0は4000rpm)。つまりミニバンとして最も大切な常用域でのパンチが格段に強化された。

新ユニットは、PSAとBMWの共同開発ユニット。つまりMINIクーパーSと基本設計が同じエンジンだ。
新ユニットは、PSAとBMWの共同開発ユニット。つまりMINIクーパーSと基本設計が同じエンジンだ。
ステアリングコラムの上に生えるATセレクターレバーは、シトロエン「DS」のコクピットがモチーフ。
ステアリングコラムの上に生えるATセレクターレバーは、シトロエン「DS」のコクピットがモチーフ。
左右独立温度調整式エアコンの助手席側のコントロールユニットは、助手席ドア側に備わる。これならパッセンジャーも気兼ねなく設定温度を変えられる?
左右独立温度調整式エアコンの助手席側のコントロールユニットは、助手席ドア側に備わる。これならパッセンジャーも気兼ねなく設定温度を変えられる?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4ピカソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る