【スペック】全長×全幅×全高=3890×1695×1650mm/ホイールベース=2530mm/車重=1180kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、15.1kgm/4400rpm)/価格=170万1000円(テスト車=218万4000円)

日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】

日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT) 2009.03.05 試乗記 ……218万4000円
総合評価……★★★★

3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?

日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【短評】

長く使える“箱”

キューブはその名前のとおり、立方体をそのままデザインしたようなボディスタイリングが特徴で、固有のファンを創り出した。今度のフルモデルチェンジでは、そのカドはすっかり丸くなったものの、大きくイメージを変えてはいない。

デザイン的に、単純にリファインされたとも言いがたく、後年になって先代の方が評価されることになるやもしれない。

しかし走りの中身の方は、後述するように十分進化を遂げている。乗り心地はよく、ハンドリングも自然で、さしたる不満はない。傑出したものがなくても基本をしっかり押さえて、長期の使用で飽きることがない。実用車とはもともとそういうものであり、このキューブも、地味ながら実直にロングセラーを狙っているのだろう。極めて日産らしい製品といえる。

関連記事
  • 日産キューブ アクシス/キューブ ライダー パフォーマンススペック 2013.3.22 画像・写真 オーテックジャパンがカスタマイズした2台の特別な「日産キューブ」を写真で紹介。
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)/15G(FF/CVT)【試乗速報】 2008.12.18 試乗記 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)/15G(FF/CVT)
    ……212万1000円/222万750円


    個性的キャラクターが人気の「キューブ」がフルモデルチェンジ。ついに海外進出を果たした3世代目は、どのような印象か? 先代キューブをこよなく愛するリポーターがさっそく試乗した。
  • 日産キューブEX(4AT/CVT)【試乗記】 2002.10.15 試乗記 日産キューブEX(4AT/CVT)
    ……144.2/147.0万円

    メディア、評論家の声をよそに(?)思わぬヒット作となった日産キューブ。貴重な稼ぎ手の新しいモデルは、角がとれたキューブ。さっそくステアリングホイールを握った自動車ジャーナリスト、河村康彦は、しかし気になる点があるのだった……。


  • 「日産キューブ」のベーシックモデル仕様変更 2016.7.1 自動車ニュース 日産は自動車2016年7月1日、「キューブ」の最もベーシックなグレードである「15X」に本革巻きステアリングホイールを標準装備。インテリアの質感向上を図った。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第19回:完全自動運転が実現する日は近い!?
    インポーターに聞きました~テスラ編~
    2017.5.15 JAIA輸入車試乗会2017 2017年4月上旬には株式の時価総額でゼネラルモーターズを抜き、アメリカの自動車メーカーで首位に立ったテスラ。飛ぶ鳥を落とす勢いのEV専業メーカーの、昨年の販売状況はどうだった? そして今年の動向は?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る