第384回:新型インサイト試乗!
びっくり! 意外と安っぽくないじゃん

2009.03.04 エッセイ

第384回:新型インサイト試乗!びっくり! 意外と安っぽくないじゃん

予想以上に良くできてる

ってなわけで、ホンダ期待の新型ハイブリッドカー「インサイト」。先日発売されて、ちょいびっくりの1ヶ月で1万5000台超の受注! 正直、肝心のハイブリッドシステムは、既存「シビック」用のリファインだし、個人的にはあまり期待してなかったんだけど、この時代、“安さ”ってつくづく大きいのだねぇ。ユニクロが優良企業に返り咲いただけあるわ。

でも実際乗ってみると、意外なほど印象が良かったのも事実。先日行われた横浜試乗会で乗ってきたわけだけど、まず気になるのは見た目よね。「プリウス」そっくりって言われるけど、特別そんなことは感じなくて、それよりコンパクトでクレバー。実際、全長約4.4×全幅1.7m弱は「カローラアクシオ」より小さく、いまどきの新車としては5ナンバーサイズ自体が珍しいし使いやすい。

さらに驚いたのは質感。実は先日デトロイトショーで見てきて、乗った瞬間「安っぽ〜」って思ったんだけど、日本の外の光で見るとそれほどでもない。たしかにドア内張りといい、インパネ表皮といい、全面ハード素材でソフトパッドは皆無。シート表皮も当然、ソフトで毛羽だった豪華素材は使えずに、編み編みの合成素材が使われている。正直フィットの延長だ。

ところが意外とみすぼらしくない。と思ってたら、インテリア担当デザイナーが面白いことを教えてくれた。
「インテリアは素材ではウソはつけませんが、文法とシボで多少なんとかできます(笑)」

キモはまず造形で、インサイトのメーターまわりは特殊な二重構造になっている。ドライバー前にまずメインメーターがあり、その外側に覆うようなカタチで上にデジタルスピードメーターが備わっているのだが、これは実は燃料電池車「FCXクラリティ」や現行「シビック」同様の、かなり奢った構造。普通にやると「メーターパネルを2つ使う必要があるから高くつく」んだそうな。
ところがびっくり、インサイトはメインメーターとデジタルメーターがウラで繋がってワンユニットになっており、意外と安く済む。さらによく見ると、メーターまわりのパネルだけ他のパネルとはシボのデザインを変えていて、幾何学模様を配してある。このへんも安っぽく見せないポイントなのよ。

それからこれはフィットもそうだけど、ATシフトまわりなど、微妙にシルバーっぽい塗装を施してて、これも結構効いてる。ま、安い牛丼でも、味噌汁&お新香とセットになるとお買い得に見えるようなもんか。違う?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』