【スペック】全長×全幅×全高=4509×2093×1203mm/ホイールベース=2670mm/車重=1376kg/駆動方式=MR/3.8リッターV8DOHC32バルブターボ(625ps/7500rpm、61.2kgm/3000-7000rpm)(欧州仕様車)

マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】

ミドシップスパイダーの新機軸 2012.11.19 試乗記 マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)
「マクラーレンMP4-12C」に、待望のオープンモデルが登場。クーペのパフォーマンスを受け継ぐその走りを、スペインはマラガで試した。

パフォーマンスはクーペと同等

パワートレインからビス1本まで新開発のミドシップスポーツカー「MP4-12C」を引っさげて、堂々とスーパーカーメーカーの仲間入りを果たしたマクラーレン。この夏のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで、クーペに続く第2弾モデルとして待望の「12Cスパイダー」が追加されたことは記憶に新しい。日本でも既に、東京と大阪の両ショールームにて、実物を間近に見ることができる。

“クーペ→スパイダー”という商品化の流れは、今やプレミアムスーパースポーツの世界でも常とう手段となった。それゆえ、いずれのブランドでも、開発の当初から、“屋根を切る”ことを想定して設計されている。とはいえ、クーペモデルとオープンモデルとでは、昔ほどではないにしろ、乗り味や性能に明確な差が出ることもまた常識であった。

ところがマクラーレンは、「ルーフシステム以外、両車はまったく同じ」と言ってはばからない。

もちろん、3分割油圧開閉式リトラクタブルハードトップ(RHT)による、およそ40kgのシステム重量増や、空力性能の違い、高速域の加速や最高速のわずかな低下といった変化は当然ある。それでも、通常は変更されるはずのシャシーやサスのセッティングなどをまったく変えず、スーパーカーとしての常識的な使用範囲内におけるパフォーマンスは、スパイダーもクーペのそれと全く変わらない、と関係者は豪語していたのだ。

果たしてそれは、本当なのだろうか……。そんな12Cスパイダーの実力を確かめるべく、スペインはマラガ近郊のプライベートサーキットに出向いた。


マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】の画像

マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】の画像
スーパーカーに乗りなれた筆者も、公道はもちろんサーキットでさえクーペとスパイダーとのパフォーマンスの違いを見いだすことはできなかった。
スーパーカーに乗りなれた筆者も、公道はもちろんサーキットでさえクーペとスパイダーとのパフォーマンスの違いを見いだすことはできなかった。
関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【海外試乗記】 2016.6.23 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」に試乗した。このモデルのテーマは、日常的な使いやすさと快適性のさらなる改善。その狙い通り、毎日乗りたくなるスーパースポーツカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る