オートバイで頭がよくなる!? 〜ヤマハが最新の研究結果を報告

2009.03.04 自動車ニュース

オートバイで頭がよくなる!? 〜ヤマハが最新の研究結果を報告

オートバイで頭がよくなる!? 〜ヤマハが最新の研究結果を報告

ヤマハ発動機は、二輪車の運転と脳の活性化の関係について調査を実施。2009年3月4日、その研究結果を報告した。


オートバイで頭がよくなる!? 〜ヤマハが最新の研究結果を報告の画像
(写真上下)研究結果をリポートする、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授。
(写真上下)研究結果をリポートする、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授。

■脳の専門家もビックリ!?

「オートバイに乗ると、なんだか若々しくなったような気がする」

時おり巷で聞かれるそんな声には、確かな裏付けがあるのか? もし本当なら、オートバイはもっと売れるのではないか!?……ということで、このたび二輪メーカーのヤマハが、オートバイの運転と脳の活性化に関する実験を行った。

実験には、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授が協力。脳科学の専門家である同氏は、大ヒットした『脳を鍛える大人の計算ドリル』(くもん出版)の著者としても知られる。

調査のポイントは、
・二輪車に乗ると運転者の脳は活性化されるか?
・二輪車の運転を継続的に日常生活に取り入れることは、脳と心の健康によい影響を与えるか?
の2点だ。

“現役ライダー”と10年以上運転していない“ブランクライダー”、20名ほどの被験者に計測器を被ってもらい、実際にライディング――その結果、脳の情報処理を司る前頭前野と呼ばれる部分が、オートバイに乗ると活性化されることが判明。現役ライダーは、ブランクライダーより集中力が高まることまでわかったという。

■クルマはMTのほうが頭がよくなる(かも)

実験チームはさらに、通勤などの日常的なライディングを想定して2カ月間の継続実験を実施。ペーパーテストなどを試みたところ、やはりオートバイに乗り続けた被験者には論理思考力や空間認知力、作動思考力といったさまざまな認知機能で向上が見られた。さらにアンケートでは、「さまざまなストレスが減り、よい状態になった」という答えが得られたという。

リポートをした川島教授自身も、実はブランクライダーのひとり。「これをきっかけに、またオートバイに乗ることを家族に許されまして」と、ご満悦の様子だった。

ところで、クルマの運転でも頭がよくなるのでしょうか……?

四輪は比較的快適な空間で移動しているせいか、残念ながら、前頭前野はほとんど使われないのだとか。ただし今回の実験を踏まえて想像するならば、安楽なAT車より努力と緊張を強いられるMT車のほうが、脳の働きが活性化される可能性はある、とのことだった。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。