【Movie】電気で走るスポーツカー「i MiEVスポーツエア」【ジュネーブショー09】

2009.03.04 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】【Movie】電気で走るスポーツカー「i MiEVスポーツエア」

三菱自動車は、ジュネーブショーで、電気自動車「i MiEV」をベースとするセミオープンスポーツ「i MiEVスポーツエア」を初公開した。

ジュネーブショーにおける三菱ブースの目玉は、「i MiEVスポーツエア」。同モデルは、2009年に発売される「i MiEV」の発展型ともいうべきモデルで、三菱が考える電気自動車の姿を具体的に示したコンセプトカーだ。

ミドシップレイアウトのプラットフォームをベースとする「i MiEV」は、それ自体が低重心で操縦安定性に優れるシャシーレイアウトのため、スポーツカーのベース車に向いている。そこに目を付けて開発されたのが「i MiEVスポーツ」だ。同モデルは、2007年の東京モーターショーの時点でおおよそのデザインが固まっていたが、今回はそれをさらに進化させ、樹脂製の脱着式オープンルーフを採用するなどして、クルマの楽しみをさらに広げた。

外観は、スポーツカーの定番となっている「くさび型」フォルムではなく、曲線のピークをグッと前よりに持ってきた先進的なティアドロップフォルムが特徴。インテリアも未来型スポーツカーにふさわしいコクピットが追求されている。

はたしてi MiEVスポーツエアは、i MiEVの次に登場する電気自動車なのか? 同モデルを手掛けた内外装それぞれのデザイナーに、将来の電気自動車はどうあるべきか聞いてみた。

■【Movie】カーデザイナーが考える電気自動車は?

同時出展の「i MiEV欧州仕様」のページはこちらから

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i-MiEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る