【スペック】全長×全幅×全高=4380×1865×1265mm/ホイールベース=2600mm/車重=1710kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(426ps/7300rpm、48.0kgm/5000rpm)/価格=1756万6500円(テスト車=1853万8800円)

アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)【試乗記】

手造りでしか、成しえない 2009.03.03 試乗記 アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)
……1853万8800円

排気量をアップするなど、昨年ビッグマイナーチェンジを受けた“ベビー・アストン”。その乗り味を、2ペダルMTのオープンモデル「ロードスター」でチェックしてみた。

FRスポーツカーのお手本

「V8ヴァンテージ」は、アストン・マーティンのなかでも小粋なモデルだ。
2シーターのボディ全長は4380mmと短く、小回りが効く。オーバーハングを詰めて、ホイールベース内に重量物を収め、ヨー方向の慣性能率を小さくし、さらにギアボックスを後方にマウントして前後重量配分に気遣ったりと、FRスポーツカーとしてのレイアウト上、最善の策を採る。アルミ軽合金をふんだんに採用して全体の軽量化に配慮していることも見逃せない。とにかく、ドライビングを楽しくさせる手立てを書き出すとキリがない。

今回の試乗車はそのオープン版で、見た目のスタイリングはご覧のとおり。手造りでしか成しえない丁寧な作り込みは、いつまで見ていても飽きない。
白いボディに赤内装(と赤い幌!)という派手な出で立ちも、最初は「ちょっと目立ち過ぎるかな……」と気になったものの、走り出してしまえばドライビングの楽しさに熱中するあまり、気にならなくなってしまう。

クーペのスタイリングももちろん素敵だし、ボディ剛性の点でもあちらが有利ではあるが、このオープンボディとて剛性に不満があるわけでもなく、ガッシリした造りが実感できる。車体四隅の軽さと、上に重いものが無いことによる、解放感だけでない重心高の低さがしっかりと伝わってくる。価格のことさえ忘れられれば、どんなタイトコーナーでも狭い道幅でも、自信をもってインを攻められる気がする。

「ロードスター」のルーフはファブリック製。開閉時間は18秒で、50km/hまでなら走行中でも操作ができる。
アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/2ペダル6MT)【短評】
エンジンには、組み上げに関わった職人のネームプレートが添えられる。ハンドメイドならではのディテールだ。
アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/2ペダル6MT)【短評】
 
アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/2ペダル6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V8ヴァンテージ ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • アストン・マーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2014.7.4 試乗記 アストン・マーティンの旗艦モデル「ヴァンキッシュ」に、オープンボディーの「ヴォランテ」が加わった。先進と伝統が同居する英国流フラッグシップスポーツの“グランドツーリング力”を探るべく、ハイウェイそしてワインディングロードで試乗した。
  • 「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」にオープンモデル登場 2016.8.22 自動車ニュース 英アストンマーティンが「ヴァンキシュ ザガート ヴォランテ」を発表。6月に販売をアナウンスした「ヴァンキッシュ ザガート」のオープンモデルにあたり、クーペと同じく最高出力592bhpのV12エンジンが搭載される。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る