「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新

2009.03.02 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新

クライスラー日本は、ジープブランドのコンパクトSUV「ジープ・パトリオット」の2009年モデルを2009年3月7日に発売する。

2009年モデルは、主にインテリアを一新。インストゥルメントパネルやセンターコンソール、ドアトリムパネルのデザインが新しくなった。
従来の長方形から丸形に変更されたエアコン吹き出し口や、シフトベゼル、グローブボックス上部にクロームアクセントが採用されたことも新しい。
センターコンソールや、ドアトリムのアームレスト、ラゲッジボードの素材がソフトなものに変更され、質感も向上したという。

また、リミテッドモデルでは、ドアトリム、クラスターリングにもクロームアクセントを採用。エクステリアでは、ドアハンドルがボディ同色となる。

2009年モデルのパトリオットには、新車登録から3年または6万kmの「車両保証」や、法定定期点検・対象項目の部品交換などが無料で受けられる「メンテナンス フォー ユー」、「24h FOR YOU アシスタントサービス」の3種のアフターサービスが受けられるなどの「クライスラー ケア」が全車に標準で適用される。

価格は、パトリオット スポーツが300万3000円、パトリオット リミテッドは338万1000円、ガラスサンルーフ付きのリミテッドは348万6000円。ハンドル位置はすべて右となる。

(webCG ワタナベ)

「パトリオット リミテッド」
「パトリオット リミテッド」
インテリアは、丸形になったエアコン吹き出し口のほか、センターコンソールやシフトべゼルの角がとれ、曲線を基調としたデザインとなった。
インテリアは、丸形になったエアコン吹き出し口のほか、センターコンソールやシフトべゼルの角がとれ、曲線を基調としたデザインとなった。

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新の画像

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新の画像
「パトリオット スポーツ」
「パトリオット スポーツ」

関連キーワード:
パトリオットジープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • 新型「ジープ・コンパス」、10月30日にデビュー 2017.10.2 自動車ニュース FCAジャパンが、2017年10月30日に新型「ジープ・コンパス」を発表する。コンパスはモダンなスタイリングを特徴とするジープブランドのクロスオーバーSUVであり、2代目となる新型は機能性、快適性、安全性などが全方位的に高められているという。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)/フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.1 試乗記 長野県は白馬で「ジープ・レネゲード トレイルホーク」と「フィアット500Xクロスプラス」に試乗。雪道での試乗を通して感じた、同じプラットフォームから生まれた“兄弟車”とは思えない、両モデルの個性の違いをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る