「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新

2009.03.02 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新

クライスラー日本は、ジープブランドのコンパクトSUV「ジープ・パトリオット」の2009年モデルを2009年3月7日に発売する。

2009年モデルは、主にインテリアを一新。インストゥルメントパネルやセンターコンソール、ドアトリムパネルのデザインが新しくなった。
従来の長方形から丸形に変更されたエアコン吹き出し口や、シフトベゼル、グローブボックス上部にクロームアクセントが採用されたことも新しい。
センターコンソールや、ドアトリムのアームレスト、ラゲッジボードの素材がソフトなものに変更され、質感も向上したという。

また、リミテッドモデルでは、ドアトリム、クラスターリングにもクロームアクセントを採用。エクステリアでは、ドアハンドルがボディ同色となる。

2009年モデルのパトリオットには、新車登録から3年または6万kmの「車両保証」や、法定定期点検・対象項目の部品交換などが無料で受けられる「メンテナンス フォー ユー」、「24h FOR YOU アシスタントサービス」の3種のアフターサービスが受けられるなどの「クライスラー ケア」が全車に標準で適用される。

価格は、パトリオット スポーツが300万3000円、パトリオット リミテッドは338万1000円、ガラスサンルーフ付きのリミテッドは348万6000円。ハンドル位置はすべて右となる。

(webCG ワタナベ)

「パトリオット リミテッド」
「パトリオット リミテッド」 拡大
インテリアは、丸形になったエアコン吹き出し口のほか、センターコンソールやシフトべゼルの角がとれ、曲線を基調としたデザインとなった。
インテリアは、丸形になったエアコン吹き出し口のほか、センターコンソールやシフトべゼルの角がとれ、曲線を基調としたデザインとなった。 拡大

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新の画像 拡大

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新の画像 拡大
「パトリオット スポーツ」
「パトリオット スポーツ」 拡大

関連キーワード:
パトリオットジープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る