「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新

2009.03.02 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新

クライスラー日本は、ジープブランドのコンパクトSUV「ジープ・パトリオット」の2009年モデルを2009年3月7日に発売する。

2009年モデルは、主にインテリアを一新。インストゥルメントパネルやセンターコンソール、ドアトリムパネルのデザインが新しくなった。
従来の長方形から丸形に変更されたエアコン吹き出し口や、シフトベゼル、グローブボックス上部にクロームアクセントが採用されたことも新しい。
センターコンソールや、ドアトリムのアームレスト、ラゲッジボードの素材がソフトなものに変更され、質感も向上したという。

また、リミテッドモデルでは、ドアトリム、クラスターリングにもクロームアクセントを採用。エクステリアでは、ドアハンドルがボディ同色となる。

2009年モデルのパトリオットには、新車登録から3年または6万kmの「車両保証」や、法定定期点検・対象項目の部品交換などが無料で受けられる「メンテナンス フォー ユー」、「24h FOR YOU アシスタントサービス」の3種のアフターサービスが受けられるなどの「クライスラー ケア」が全車に標準で適用される。

価格は、パトリオット スポーツが300万3000円、パトリオット リミテッドは338万1000円、ガラスサンルーフ付きのリミテッドは348万6000円。ハンドル位置はすべて右となる。

(webCG ワタナベ)

「パトリオット リミテッド」
「パトリオット リミテッド」
インテリアは、丸形になったエアコン吹き出し口のほか、センターコンソールやシフトべゼルの角がとれ、曲線を基調としたデザインとなった。
インテリアは、丸形になったエアコン吹き出し口のほか、センターコンソールやシフトべゼルの角がとれ、曲線を基調としたデザインとなった。

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新の画像

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新の画像
「パトリオット スポーツ」
「パトリオット スポーツ」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • 「スバル・フォレスター」にシックなイメージの特別仕様車 2017.7.25 自動車ニュース スバルが「フォレスター」に特別仕様車「スマートエディション」を設定。上級グレード2モデルをベースに、ダークメッキのフロントグリルなどで内外装をコーディネートしたもので、一部の装備を簡略化することで、ベース車より価格も抑えられている。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る