「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新

2009.03.02 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新

クライスラー日本は、ジープブランドのコンパクトSUV「ジープ・パトリオット」の2009年モデルを2009年3月7日に発売する。

2009年モデルは、主にインテリアを一新。インストゥルメントパネルやセンターコンソール、ドアトリムパネルのデザインが新しくなった。
従来の長方形から丸形に変更されたエアコン吹き出し口や、シフトベゼル、グローブボックス上部にクロームアクセントが採用されたことも新しい。
センターコンソールや、ドアトリムのアームレスト、ラゲッジボードの素材がソフトなものに変更され、質感も向上したという。

また、リミテッドモデルでは、ドアトリム、クラスターリングにもクロームアクセントを採用。エクステリアでは、ドアハンドルがボディ同色となる。

2009年モデルのパトリオットには、新車登録から3年または6万kmの「車両保証」や、法定定期点検・対象項目の部品交換などが無料で受けられる「メンテナンス フォー ユー」、「24h FOR YOU アシスタントサービス」の3種のアフターサービスが受けられるなどの「クライスラー ケア」が全車に標準で適用される。

価格は、パトリオット スポーツが300万3000円、パトリオット リミテッドは338万1000円、ガラスサンルーフ付きのリミテッドは348万6000円。ハンドル位置はすべて右となる。

(webCG ワタナベ)

「パトリオット リミテッド」
「パトリオット リミテッド」
インテリアは、丸形になったエアコン吹き出し口のほか、センターコンソールやシフトべゼルの角がとれ、曲線を基調としたデザインとなった。
インテリアは、丸形になったエアコン吹き出し口のほか、センターコンソールやシフトべゼルの角がとれ、曲線を基調としたデザインとなった。

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新の画像

「ジープ・パトリオット」2009年モデルはインテリアを一新の画像
「パトリオット スポーツ」
「パトリオット スポーツ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る