第383回:スピード! スピード!! スピード!!!
緊急記者会見 ホンダの社長はなぜ今変わった?

2009.03.02 エッセイ

第383回:スピード! スピード!! スピード!!!緊急記者会見 ホンダの社長はなぜ今変わった?

プリウスは本来ホンダが出すべきだった!?

ご存じだとは思うけど、先日突如ホンダの青山本社で社長交代記者会見が行われた。当日朝にFAXがきて、午後に記者会見と、緊急も緊急。ちなみにF1撤退記者会見もそんな感じでした。

俺が一番印象に残ったのは、新社長の伊東専務の口から何度も出た「スピード」という言葉だ。もちろんNSXのラップタイムがすごいとか、インサイトが速いなんて話ではなく、「開発のスピード」であり、「経営のスピード」、であり「思考のスピード」のこと。

具体的には「お客様が求めている商品をいかに素早く投入するか−−(中略)−−(開発の)スピードを上げていくのが自分の責務だと思っている」(伊東)、「お求めやすい、環境性能に優れた商品を、スピーディに提供」(伊東)、「厳しい1、2年を切り抜けるために、即決、即断、スピーディでコンパクトな経営陣に」(福井)というもの。
サッカー元日本代表監督のオシムじゃないけど、走るスピード、判断のスピードの改革なのだ。

先日知り合いの編集者が言ってたけど、「プリウスだってホントはホンダが先に出すべきだったでしょう」という説はまさにその通り。今、インサイトが好評で大人気を博しているが、5人乗りの実用車として考えると、そもそも1997年登場の初代プリウスに対して実に12年遅れ。1970年代にいち早くCVCCエンジンを出してアメリカの過激な排ガス規制「マスキー法」に対応した同社としては、世界初の量産ハイブリッドは、自身が出したかったに決まっているのだ。
その点だけで「スローなところがあったかも……」(伊東)という部分はあるし、ここで満足してたらホンダは間違いなく終わる。5月に新型プリウスが出て、激安旧型プリウスの併売攻撃にどう対応するのか? スピーディな思考が楽しみだ。

一方、なぜ“今”なのかについては「2008年11月以来の厳しい状況だが、方向性の判断はしたし、その後の加速力を考えるとむしろいいタイミングなのでは……」という福井社長の考えどおりでしょう。
伊東新社長は現在55歳。まだまだパワーも体力もあるだろうし、今の苦境をガムシャラに乗り切ろう! と考えていることがよくわかる。

福井社長による伊東評は一言「タフ」。求められているタイプの人が、今まさに現れたのだ。

当日朝の案内にもかかわらず、記者会見会場は報道陣でいっぱい。
第383回:スピード! スピード!! スピード!!!ホンダの苦境を乗り切るのは、量産畑出身の新社長

第383回:スピード! スピード!! スピード!!!ホンダの苦境を乗り切るのは、量産畑出身の新社長

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』