第90回:JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その5)

2009.02.28 エッセイ

第90回:JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その5)〜『webCG』スタッフの(価格帯別)気になるクルマ


JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その5)

2009年2月4日――神奈川県は大磯に、世界の輸入車が勢ぞろい。毎年恒例、「JAIA」(日本自動車輸入組合)主催の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』スタッフも会場に潜入して、各モデルの乗り味をチェック、チェック! で、結局気になったのは、どんなクルマ? それぞれが選んだ2009年のイチオシモデルを、みなさんにご紹介いたします。

【1500万円以上ならコレ】
「ため息の出るデザイン」「豪奢なインテリア」「超ド級のパフォーマンス」……どれもこれも気になってしょうがない、超高級車がズラリとそろう。
「どれも良くってアタリマエ!」なんて、言いそうになるけど、特別なオーラをまとったクルマは、ずばりコレ!

男のオシャレは靴下からマセラティ・グラントゥーリズモ……1530マンエン

抑揚のあるボンネットやフェンダーラインの肉体美、ポルトローナフラウのレザー内装などでめかしこんでいるが、目立つオシャレはもう飽きた。チラ見せのオシャレこそがダンディズムではなかろうか! その想いを具現する「グラントゥーリズモ」は、ブレーキキャリパーを6色用意! さすが、ワカッてます◎。

ちなみに上級の「グラントゥーリズモS」は、6ポッドのハイソックス。けっこうモロ見せですけど……。

(webCG 本諏訪)

自動車技術の最先端っぽいアウディR8 4.2FSI クワトロ……1717マンエン

○ 「未来からやってきたスーパーカー」な外観は、いまのこの空気の中でも「乗りまわしてる」って言われなそう!? そんなスーパーカーは他にナシ。貴重!
あらゆるところが抜群。各部の仕立ての良さはもちろん。乗り心地、安定感、文句ナシ。デザインも(好みはともかく)ぶっ飛び! サイズも、幅以外はコンパクトでグーッ。

× 右ハンドル、MT、リアシート、無い物ねだり?

◎ ……なんと、MT導入、決まったとのことです。

(webCG こんどー)

やさしい猛牛ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4……2533.125マンエン

丑年にファイティングブル。すこぶる縁起ヨシ! なウシのマークのスーパーカーは、ウマ560頭分の力もち。獅子のように咆えまくり、0-100km/hを3.7秒で駆け抜ける。

でも、オートマモードに四輪駆動と、(お金さえあれば)誰でも乗れる気軽さが嬉しい。

視界もよくて、ウッシッシ。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ