第271回:空前の“SUSHIブーム”到来! 「スズキ」や「水戸黄門」との関係とは?

2012.11.16 エッセイ

第271回:空前の“SUSHIブーム”到来! 「スズキ」や「水戸黄門」との関係とは?

名門自動車メーカー跡地にすしレストラン!?

今回はイタリアやフランスにおける最新の日本カルチャー事情をお話ししよう。
「スタンゲリーニ」といえば、モデナにある往年のレーシングカー工房であり、今日では地元におけるフィアットとBMWの大ディーラーである。その旧本社跡地に少し前、北部イタリアを中心にチェーン展開しているすしレストラン「ZUSHi」がオープンした。

ボクが住む街シエナでも、新しいすしレストランが近日オープンするようだ。これで市内に3軒目だ。いずれもボクとは面識のない中国系オーナーの経営によるものである。だが日本食レストランは日本人経営と思い込んでいるイタリア人は、他の店が開店したときと同様に「あのリストランテ・スシ、味はどうよ?」とボクに聞いてくるに違いない。

ボクがイタリアにやってきた16年前と今日との決定的な違いのひとつに、“SUSHI”の浸透がある。早くからSUSHIカルチャーが浸透していた米国にお住まいの読者は不思議に思うかもしれない。だがイタリアでは少し前まで、すしを食べたことがある人というのは、大都市に住む一部の人々か、パリやロンドンもしくは米国の大都市を旅して興味本位に食してみた人が大半だった。

ところがヘルシー志向の追い風と、飽和状態にあった既存中華料理店が差別化を模索したことから、ここ数年、イタリアですしレストランの数が一気に増えた。フランスでも既存の中華料理店やベトナム料理店が「SUSHI」の看板を掲げるようになった。

モデナの「スタンゲリーニ」の旧本社屋に開店したすしレストラン「ZUSHi」のデリバリーカー。
モデナの「スタンゲリーニ」の旧本社屋に開店したすしレストラン「ZUSHi」のデリバリーカー。
シエナでオープン準備中の新しいすしレストラン。
シエナでオープン準備中の新しいすしレストラン。
近年はイタリアやフランス各地のスーパーですしが売られるようになってきた。
近年はイタリアやフランス各地のスーパーですしが売られるようになってきた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。