第88回:JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その3)

2009.02.26 エッセイ

第88回:JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その3) 〜『webCG』スタッフの(価格帯別)気になるクルマ


JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その3)

2009年2月4日――神奈川県は大磯に、世界の輸入車が勢ぞろい。毎年恒例、「JAIA」(日本自動車輸入組合)主催の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』スタッフも会場に潜入して、各モデルの乗り味をチェック、チェック! で、結局気になったのは、どんなクルマ? それぞれが選んだ2009年のイチオシモデルを、みなさんにご紹介いたします。

【500万円〜1000万円ならコレ】
「500〜1000万円クラスのクルマなんて、なかなか手が出ないなぁ……。」思わずボヤいたあなた。お給料が増えたら、株価が上向きになったら、weeklyな宝くじに当たったら……実は、それほど縁遠くもない(?)上級クラス。いま買えるひとも、買えないひとも、要チェックかも!?

ちなみに、輸入車全体の5台に1台が、このゾーン。『webCG』の注目は、以下の3台。

アダルト・ホット・ハッチアウディS3……515マンエン

アウディが放つ、オトナ向けの最新ホットハッチだ。パフォーマンスは十分。18インチを履いているのに、乗り心地も悪くない。

エアロな羽根こそないけれど、オレンジ、黄色と、カラーは派手め。

BMW130iとどっちがいいのか? 2駆と4駆、6発と4発、アシとエンジンが決め手になりそう。

(webCG 関)

アピールポイント、てんこ盛りフォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR36……602マンエン

みんなで乗れて、たっぷり積めて、しっかり速い。「豪華な幕の内弁当」ばりに欲張りなクルマ。V6サウンドも風味豊かで、家族もちのクルマ好きなら満足間違いなしの味。

「R36」なんて車名のとおり(?)、実際の購入層は40代がメインだとか。

本国にあるセダン版も欲しい。

(webCG 関)

Tシャツは似合わないシトロエンC6エクスクルーシブ……725マンエン

前モデル比およそ30%増と、新型「C5」の販売好調なシトロエン。エンジン、ハイドロサスをC6から譲り受けて、250万円も安いのはたしかに魅力だけれど、グッとくるのはやっぱりこっち。

オリジナリティあふれる内外装はC5には無い美点。離れたお目々がなんともかわいい顔だけど、ずいぶんとアゴがでているので、大きくて平らな駐車場は必須。

運転にも立ち振る舞いにも、エレガントさが求められる。かも?

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ