「A5カブリオレ」、まもなく公開【ジュネーブショー09】

2009.02.26 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】「アウディA5/S5カブリオレ」、ジュネーブで初お目見え

独アウディは、4座オープンモデル「A5カブリオレ」と「S5カブリオレ」をジュネーブショーに展示する。両車の一般公開はこれが初となる。

■ソフトトップを備えた4シーターのオープンモデル

既報のとおり2008年12月にフォトデビューを果たした「A5/S5カブリオレ」が、3月のジュネーブショーで初めて一般に公開される。

A5の新たなバリエーションとなるA5カブリオレは、1991年デビューの「アウディ・カブリオレ」や2002年の「アウディA4カブリオレ」の流れを汲むアウディの4シーターオープンモデル。軽量で、デザイン性を損なわないとの理由から、「TTロードスター」同様、ソフトトップが採用されている。電動ソフトトップは、スイッチの操作だけで開閉が可能なフルオートマチックタイプ。操作に要する時間はオープン時15秒、クローズ時17秒で、50km/h以下なら走行中の開閉操作も可能だ。
オープン時にソフトトップはトランク内に収納されるが、その際必要となるスペースはトランクの上部数cm、容量にして60リッターほど。その場合でも320リッターのトランクスペースが確保される。ソフトトップは3層構造の標準タイプのほか、遮音性を高めた“アコースティックトップ”がオプションで用意される。

A5カブリオレならではの装備としては、風の巻き込みを防ぐウインドディフレクターが標準で装着される。フロントシートは、シートヒーターに加えて、首の付近に温風を吹きかける“ネックレベルヒーター”をオプション設定。また、直射日光を受けても温度上昇が抑えられる特殊加工のレザーをシート用に用意。炎天下で20度程度、温度上昇を抑制できるという。

■最新のパワートレインを搭載

A5カブリオレには、計7種類のエンジンが用意される。ガソリンエンジンは1.8リッターと2リッターがターボ付きのTFSI、3.2リッターV6が自然吸気のFSIで、最高出力の低い順から、1.8 TFSI(160ps)、2.0 TFSI(180psと211psの2バージョンが存在)、3.2 FSI(265ps)の4タイプ。一方、ディーゼルターボは2.0 TDI(170ps)、2.7 TDI(190ps)、3.0 TDI(240ps)の3種類で、2.7 TDIと3.0 TDIはV6である。
トランスミッションには、FFモデルはマニュアルまたはマルチトロニックと呼ばれるCVTが、4WDのクワトロにはマニュアルまたはデュアルクラッチギアボックスの7段Sトロニックが組み合わされる。また、クワトロでは、後輪左右のトルク配分を制御することでコーナリングをサポートする“スポーツディファレンシャル”がオプション設定される。

さらに、好みに応じてダンパーの減衰力やエンジンの特性、ステアリングのアシスト量が変えられる“アウディドライブセレクト”もオプションとして用意するなど、A4、A5シリーズの最新技術がこのA5カブリオレにも盛り込まれている。

■S5カブリオレには3.0 TFSIを搭載

A5カブリオレとともにデビューするのが、スポーツモデルのS5カブリオレだ。S5クーペが4.2リッターV8を搭載するのに対し、S5カブリオレは、ひとあし先にS4に採用されたスーパーチャージャー付3リッターV6が載ることになった。この3.0 TFSIは、333psと44.8kgmというV8並みのスペックを持ち、0-100km/h加速5.6秒というアスリートぶりを示す一方、10.4km/リッターの燃費性能を誇る。エンジンのダウンサイジングはこのS5カブリオレにも及んでいるというわけだ。

A5/S5カブリオレは、2009年第2四半期にヨーロッパでの発売が予定されている。価格はもっともベーシックなA5カブリオレ 1.8 TFSIが3万7300ユーロ(邦貨にして約470万円)から。日本市場については、すでに2009年中の導入が発表されているが、モデルラインナップや詳しい時期は現時点では未定とのこと。個人的には秋から冬にかけての絶好のシーズンに間にあってほしい……と願っている。

(文=生方聡)

 
「A5カブリオレ」、まもなく公開【ジュネーブショー09】の画像
 
「A5カブリオレ」、まもなく公開【ジュネーブショー09】の画像
 
「A5カブリオレ」、まもなく公開【ジュネーブショー09】の画像
 
「A5カブリオレ」、まもなく公開【ジュネーブショー09】の画像
 
「A5カブリオレ」、まもなく公開【ジュネーブショー09】の画像
関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アウディR8(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.19 試乗記 第2世代へと進化したアウディのフラッグシップスポーツ、新型「R8」が日本に上陸。富士スピードウェイでフルパワーを解き放った。ドライからウエットへと変化する路面で体感した、その走りを報告する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る