「メルセデス・ベンツCクラス」にスポーティな3つの特別仕様車

2009.02.25 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCクラス」にスポーティな3つの特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は、ミディアムセダン「Cクラス」の3モデルに特別仕様車「アバンギャルド スポーツ リミテッド」を設定し、2009年2月24日に発売した。販売は、計500台限定。

「アバンギャルド スポーツ リミテッド」は、1.8リッター直4スーパーチャージャーエンジン搭載の「C 200 コンプレッサー アバンギャルド」と「C 200 コンプレッサーステーションワゴン アバンギャルド」、2.5リッターV6エンジン搭載の「C 250 アバンギャルド」の3モデルをベースに、AMGパーツなどを与え、スポーティな仕様としたもの。

エクステリアは、AMGスタイリングパッケージや専用ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスクなどを装備。インテリアは、前席スポーツシートや、パドルシフト付本革巻3スポークステアリング、専用デザインメーターパネル、ステンレスアクセル&ブレーキペダルが採用される。

さらに、この特別仕様車専用にガラス面を拡大した、パノラミックスライディングルーフも装備する。

価格は、「C 200 コンプレッサー アバンギャルド スポーツ リミテッド」が527.0万円、「C 200 コンプレッサーステーションワゴン アバンギャルド スポーツ リミテッド」は548.0万円、「C 250 アバンギャルド アバンギャルド スポーツ リミテッド」が636.0万円。それぞれ、260台、200台、40台の合計500台限定で販売される。

(webCG ワタナベ)

 
「メルセデス・ベンツCクラス」にスポーティな3つの特別仕様車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る