【スペック】全長×全幅×全高=4770×1885×1690mm/ホイールベース=2740mm/車重=2000kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、35.5kgm/4700rpm)/価格=540万円(テスト車=592万3950円)

レクサスRX350 バージョンL(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

レクサスRX350 バージョンL(4WD/6AT) 2009.02.25 試乗記 ……592万3950円
総合評価……★★★
レクサス国内初のSUV「RX」がラインナップに加わった。北米で、高級SUVのベンチマークとされる同車の新型はどうなのか? 上級グレードをテストした。

2.4リッターモデルも欲しい

セダンとクーペだけだった日本のレクサスに、都会派SUVの「RX」が仲間入りした。いうまでもなくこの新型RXは、トヨタブランドで販売されてきた2代目「ハリアー」の後継モデルだ。レクサスに移籍するにあたっては3.5リッターを新型「レクサスRX」専売とする一方、2.4リッターの2代目ハリアーを当面継続販売するというやり方で、棲み分けを図っている(ハイブリッド車については新旧モデルがそれぞれのディーラーチャンネルで併売される)。

新技術が盛り込まれ、デザインにも新鮮さが感じられるこのレクサスRXは、確かに正常進化を遂げているが、いかに新しいモノ好きな日本人とはいえ、価格や燃費の面で魅力的な2.4リッターが用意されず、ラインナップされるモデルも昔に比べて一気に値段が跳ね上がるのでは、その多くから支持を得るのは難しいのではないか。売る側の都合よりも、買う側の気持ちを大事にするのが“おもてなし”だと私は思うのだが、いかがだろう?

関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • レクサスRX450h“バージョンL”(4WD/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【レビュー】 2015.11.13 試乗記 北米での販売の約30%を占めるなど、レクサスの世界戦略を支えるミドルサイズSUV「RX」がフルモデルチェンジ。「RXでありながら、RXであることを超えていく」というコンセプトのもとに開発された新型は目標を達成できたのか? その実力をリポートする。
  • レクサスNX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2014.10.13 試乗記 レクサス初のコンパクトSUV「NX」。“遅れてやってきた主役”の実力は? 注目の2リッター直4ダウンサイジング・ターボユニットを搭載する「200t」グレードの、“Fスポーツ”仕様に試乗した。
  • 【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビュー 2017.4.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月19日、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)において、レクサスブランドのSUV「NX」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 「LEXUS CITY GLAMPING with snow peak」の会場から 2016.3.13 画像・写真 東京のど真ん中でゴージャスなアウトドアレジャー“グランピング”をプチ体験。レクサスが、東京ミッドタウンで「LEXUS CITY GLAMPING with snow peak」を開催した。イベントの様子を、写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る