第87回:JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その2)

2009.02.25 エッセイ

第87回:JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その2) 〜『webCG』スタッフの(価格帯別)気になるクルマ


JAIA試乗会で、チョイ乗り報告(その2)

2009年2月4日――神奈川県は大磯に、世界の輸入車が勢ぞろい。毎年恒例、「JAIA」(日本自動車輸入組合)主催の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』スタッフも会場に潜入して、各モデルの乗り味をチェック、チェック! で、結局気になったのは、どんなクルマ? それぞれが選んだ2009年のイチオシモデルを、みなさんにご紹介いたします。

【300万円〜500万円ならコレ】
家族モチには、このクラス。もちろん、シングルにも魅力的なクルマがいっぱい。
セダン、SUV、ミニバンと、ボディバリエーションもグッと増えて、選ぶほうも目移りしてしまう、300万円〜500万円クラスのクルマたち。輸入車全体の3割弱を占めるこのクラスで、注目なのは? その実際の乗り心地は? うーん、車種選びにちょっとヒネリを入れすぎたような……。

たまには「昭和」で息抜きしたいヒュンダイ・グレンジャー……341.25マンエン

日欧では、どのブランドのクルマも、スポーティとコンフォートのバランス点の置き方が似ている。真ん中よりスポーティ寄りに振ったクルマが多いのだ。

その点、韓国のヒュンダイは完全に乗り心地重視。中でも上級サルーンたるグレンジャーは、(その点だけで言えば)現行クラウン以上に、クラウンっぽい。ただし昭和のね。

それだけ乗り心地がいいということだが、当然、スポーティさは望んじゃいけない。

(webCG 曽宮)

私をスキーに連れてってフォルクスワーゲン・ティグアン トラック&フィールド……367マンエン

スタッドレスタイヤを履いた白い「トラック&フィールド」を見て、思い浮かんだキャッチフレーズ。アクティブな気持ちになれるのは○。タイトルパクリの私に×。シートヒーターがないのも×だけど、ダウンジャケットを着たまま乗り込んでも、すっぽりと体を包み込んでくれる大柄のシートは○。

夏前に導入される「スポーツ&スタイル」はきっと、「波の数だけ抱きしめて」くれるんだろう。

(webCG 本諏訪)

アメリカの田舎の、気のいいオヤジダッジJC……362.25マンエン

「剛か柔か」「競争か協力か」「支配か協調か」と問われたときに、迷わず後者の言葉を選ぶ人にとっては、「ダッジJC」は魅力的に映るのではないだろうか。

コルベットやマスタング、ハマーのような、「勢い」を感じさせるクルマもアメ車らしさの象徴と言えるけれど、大部分はもっと優しい感じというか、ホッと安らぎを提供してくれるクルマが占める。JCもそういうクルマだ。

カッチリとした造り込みを、運動性能のためというより、包まれ感や丈夫さ、安心感といった要素に結びつけた良きファミリーカー。

3列シート車でありながら、所帯じみていないスタイルも○。

(webCG 曽宮)

乗れば乗っただけホレるルノー メガーヌ RS……410マンエン

○ 実用性の高さとスポーティさを見事に両立。実にハイレベル。
扱いやすいサイズに、ズボラなシフトも許容するエンジン。
だけど……トバせばトバすほどに凄さが際だつ。ビックリするような速度で旋回し、そこからさらにグイグイ曲がる。ホント楽しめます。

× 乗り心地は、ちと硬い。後席も荷室も、ちと狭い。つまり第一印象が、ちと悪い。

(webCG こんどー)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ