「インプレッサWRX STI」に2.5リッターのATモデル登場

2009.02.24 自動車ニュース

「インプレッサWRX STI」に2.5リッターのATモデル登場

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」に、「WRX STI A-Line」を追加設定し、2009年2月24日に発売した。

「WRX STI A-Line」は、ハイパフォーマンスモデル「WRX STI 」をベースに、より大きな排気量の水平対向エンジンとオートマチックギアボックスを組み合わせたモデルだ。

同社によれば、これは「(ATなどを介して)もっと気軽に乗りたい」という市場の声に応えたモデルであり、もともとWRX STIに与えられたコンセプト、 「パフォーマンス・プレステージ・スポーツ」を具現するものだという。

エクステリアやシャシーは、基本的にMTモデルと共通。2006年と2008年の「エンジン・オブ・ザ・イヤー」を獲得した2.5リッターターボのボクサーユニットを搭載。最高出力は300ps。2800-6000rpmで発生する、35.7kgmの大トルクがキモである。

組み合わされる5段ATは、A-Line用にチューニングを施したもので、スムーズな変速を実現すべく「ダウンシフトブリッピングコントロール」(回転数同期制御)を備える。パドルシフトや、走行シーンに合わせてボタン操作でエンジン特性を変えられる「SI-DRIVE」も標準装備。
4WDシステムは、電子制御式の「VTD-AWD」を採用。0-100km/hの加速タイムは6MTモデルの「WRX STI」に及ばないものの、スバルのATモデルで最速だという。

インテリアもより落ち着いた仕様となっており、運転席は8ウェイのパワーシート。表皮はファブリックと合成皮革のコンビのほか、フルレザーもメーカーオプションで用意される。後者には前席シートヒーターも備わる。
クルーズコントロールが標準で備わるのもA-Lineならではのポイントだ。

価格は、「WRX STI」より53万5500円安い315万円。

なお「WRX STI」にも、運転席8ウェイパワーシートや、ヒルスタートアシストのキャンセル機能など小変更が施された。価格は、368万5500円。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサ WRX STI A-Line」
「スバル・インプレッサ WRX STI A-Line」 拡大
2.5リッター水平対向エンジンは、シングルスクロールタイプのターボチャージャーを備える。
2.5リッター水平対向エンジンは、シングルスクロールタイプのターボチャージャーを備える。 拡大
MT車のレバーを思わせる、A-Lineのシフトノブ。
MT車のレバーを思わせる、A-Lineのシフトノブ。 拡大

「インプレッサWRX STI」に2.5リッターのATモデル登場の画像 拡大

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
    「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ
    2018.2.8 エディターから一言 新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る