「インプレッサWRX STI」に2.5リッターのATモデル登場

2009.02.24 自動車ニュース

「インプレッサWRX STI」に2.5リッターのATモデル登場

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」に、「WRX STI A-Line」を追加設定し、2009年2月24日に発売した。

「WRX STI A-Line」は、ハイパフォーマンスモデル「WRX STI 」をベースに、より大きな排気量の水平対向エンジンとオートマチックギアボックスを組み合わせたモデルだ。

同社によれば、これは「(ATなどを介して)もっと気軽に乗りたい」という市場の声に応えたモデルであり、もともとWRX STIに与えられたコンセプト、 「パフォーマンス・プレステージ・スポーツ」を具現するものだという。

エクステリアやシャシーは、基本的にMTモデルと共通。2006年と2008年の「エンジン・オブ・ザ・イヤー」を獲得した2.5リッターターボのボクサーユニットを搭載。最高出力は300ps。2800-6000rpmで発生する、35.7kgmの大トルクがキモである。

組み合わされる5段ATは、A-Line用にチューニングを施したもので、スムーズな変速を実現すべく「ダウンシフトブリッピングコントロール」(回転数同期制御)を備える。パドルシフトや、走行シーンに合わせてボタン操作でエンジン特性を変えられる「SI-DRIVE」も標準装備。
4WDシステムは、電子制御式の「VTD-AWD」を採用。0-100km/hの加速タイムは6MTモデルの「WRX STI」に及ばないものの、スバルのATモデルで最速だという。

インテリアもより落ち着いた仕様となっており、運転席は8ウェイのパワーシート。表皮はファブリックと合成皮革のコンビのほか、フルレザーもメーカーオプションで用意される。後者には前席シートヒーターも備わる。
クルーズコントロールが標準で備わるのもA-Lineならではのポイントだ。

価格は、「WRX STI」より53万5500円安い315万円。

なお「WRX STI」にも、運転席8ウェイパワーシートや、ヒルスタートアシストのキャンセル機能など小変更が施された。価格は、368万5500円。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサ WRX STI A-Line」
「スバル・インプレッサ WRX STI A-Line」
2.5リッター水平対向エンジンは、シングルスクロールタイプのターボチャージャーを備える。
2.5リッター水平対向エンジンは、シングルスクロールタイプのターボチャージャーを備える。
MT車のレバーを思わせる、A-Lineのシフトノブ。
MT車のレバーを思わせる、A-Lineのシフトノブ。

「インプレッサWRX STI」に2.5リッターのATモデル登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る