コンパクトな霊柩車「ミツオカリムジン type2-04」発売

2009.02.24 自動車ニュース

コンパクトな(?)霊柩車、「ミツオカリムジン type2-04」発売

光岡自動車は、新型霊柩車「ミツオカリムジン type2-04」を2009年2月25日に発売する。

15年ほど前から霊柩車の輸入販売を手がけてきたミツオカは、7年前の2002年からは自社でも霊柩車の特捜事業を展開。以来、生産量は増加を続けてきたという。

このたび発表した新型霊柩車「ミツオカリムジン type2-04」は、全長7000mm前後のボディサイズが標準とされる霊柩車にあって、女性の従業員でも取り回ししやすいというコンパクトさ(?)が特徴。

同社の「ガリュー204」(「トヨタ・カローラアクシオ」ベース)をストレッチしたボディのサイズは、全長×全幅×全高=5170×1690×1460mm。
機関部分もカローラと共通で、エンジンは1.5と1.8リッターの2種。組み合わされるトランスミッションはCVTで、FFのほか、4WDのオーダーも受けつける。

価格は、1.5リッターの「ST」が522万9000円で、1.8リッターの「DLX」が558万6000円。

同社によれば、霊柩車は機関のメンテナンスだけでなくリフォームが重要だが、輸入霊柩車耐久年数の常識をはるかに超えた長いサポート体制を用意し、更なる安心感を提供できるとしている。

(webCG 関)

「ミツオカリムジン type2-04」
「ミツオカリムジン type2-04」

コンパクトな霊柩車「ミツオカリムジン type2-04」発売の画像
リムジンや霊柩車といった改造を手掛けてきたミツオカは、今後さらに、ワンメイク商品の注文にも応じていきたいとのこと。
リムジンや霊柩車といった改造を手掛けてきたミツオカは、今後さらに、ワンメイク商品の注文にも応じていきたいとのこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る