コンパクトな霊柩車「ミツオカリムジン type2-04」発売

2009.02.24 自動車ニュース

コンパクトな(?)霊柩車、「ミツオカリムジン type2-04」発売

光岡自動車は、新型霊柩車「ミツオカリムジン type2-04」を2009年2月25日に発売する。

15年ほど前から霊柩車の輸入販売を手がけてきたミツオカは、7年前の2002年からは自社でも霊柩車の特捜事業を展開。以来、生産量は増加を続けてきたという。

このたび発表した新型霊柩車「ミツオカリムジン type2-04」は、全長7000mm前後のボディサイズが標準とされる霊柩車にあって、女性の従業員でも取り回ししやすいというコンパクトさ(?)が特徴。

同社の「ガリュー204」(「トヨタ・カローラアクシオ」ベース)をストレッチしたボディのサイズは、全長×全幅×全高=5170×1690×1460mm。
機関部分もカローラと共通で、エンジンは1.5と1.8リッターの2種。組み合わされるトランスミッションはCVTで、FFのほか、4WDのオーダーも受けつける。

価格は、1.5リッターの「ST」が522万9000円で、1.8リッターの「DLX」が558万6000円。

同社によれば、霊柩車は機関のメンテナンスだけでなくリフォームが重要だが、輸入霊柩車耐久年数の常識をはるかに超えた長いサポート体制を用意し、更なる安心感を提供できるとしている。

(webCG 関)

「ミツオカリムジン type2-04」
「ミツオカリムジン type2-04」

コンパクトな霊柩車「ミツオカリムジン type2-04」発売の画像
リムジンや霊柩車といった改造を手掛けてきたミツオカは、今後さらに、ワンメイク商品の注文にも応じていきたいとのこと。
リムジンや霊柩車といった改造を手掛けてきたミツオカは、今後さらに、ワンメイク商品の注文にも応じていきたいとのこと。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
ホームへ戻る