「レクサスRX」、価格上がるも受注は好調

2009.02.23 自動車ニュース

「レクサスRX」、価格上がるも受注は好調

トヨタ自動車は2009年2月20日、SUVモデル「レクサスRX」の受注状況を発表した。

今年1月19日に発売されたSUVの「レクサスRX」は、従来日本で「トヨタ・ハリアー」として扱われていたモデル。新型となってブランドが変わり、スタート価格が200万円近く高くなっても、発売1カ月間の滑り出しはなかなか好調だ。

同社によれば、3.5リッターV6モデルの「RX350」は当初目標とされていた月間販売台数400台の4倍近い1500台を、4月以降の販売が予定されているハイブリッドモデル「RX450h」はさらに多く、同250台の4倍にあたる1000台を、それぞれ受注したという。

駆動方式で見れば、FFと4WDの受注比率は52:48(RX350の比率。RX450hは4WDのみ)。目玉とされるエアサスペンション仕様車は、「RX450h」で53%、「RX350」では16%を占める。

ボディカラーは、「RX350」では「ホワイトパール」(40%)、「ブラック」(40%)の2色がダントツ。ハイブリッドの「RX450h」では「ブラック」(30%)と「クォーツホワイトクリスタルシャイン」(30%)が人気色となっているとのこと。

(webCG 関)

「レクサスRX350」
「レクサスRX350」 拡大

関連キーワード:
RXレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
ホームへ戻る