「206」復活!? 「プジョー206+」がデビュー

2009.02.23 自動車ニュース

「206」復活!? 「プジョー206+」がデビュー

仏プジョーは、旧モデル「206」をベースにフェイスリフトなどを施し、「206+」として発売する。

■207では大きすぎた?

1998年の登場以来、全世界で約650万台を販売した、大ヒットモデル「206」が、再びデビューを果たすことになった。その名も「206+」。

シャシーなどは「206」がベース。ラジエーターグリル、ヘッドライト、ボンネットなどのフロントセクションは、207にも似た現代のプジョー顔に置き換えられ、さらに内装ではダッシュボード形状が変更された。
エンジンは1.1と1.4リッターのガソリンと、1.4リッターディーゼルが用意される。

サイズが拡大した現行型「207」と、もっともコンパクトな「107」(日本未導入)および「1007」の間に位置づけられ、価格や装備も順列に準じたものになるようだ。

なお「206+」の販売は、ヨーロッパ市場に限られるもよう。

(webCG 本諏訪)

「プジョー206+」
「プジョー206+」 拡大

「206」復活!? 「プジョー206+」がデビューの画像 拡大

「206」復活!? 「プジョー206+」がデビューの画像 拡大

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー5008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.19 試乗記 プジョーの多人数乗車モデル「5008」が、ミニバンから3列シートのSUVに大変身。ガソリンエンジンを搭載したエントリーグレード「アリュール」の試乗を通し、「3008」のストレッチバージョンとなった新型の出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
ホームへ戻る