「206」復活!? 「プジョー206+」がデビュー

2009.02.23 自動車ニュース

「206」復活!? 「プジョー206+」がデビュー

仏プジョーは、旧モデル「206」をベースにフェイスリフトなどを施し、「206+」として発売する。

■207では大きすぎた?

1998年の登場以来、全世界で約650万台を販売した、大ヒットモデル「206」が、再びデビューを果たすことになった。その名も「206+」。

シャシーなどは「206」がベース。ラジエーターグリル、ヘッドライト、ボンネットなどのフロントセクションは、207にも似た現代のプジョー顔に置き換えられ、さらに内装ではダッシュボード形状が変更された。
エンジンは1.1と1.4リッターのガソリンと、1.4リッターディーゼルが用意される。

サイズが拡大した現行型「207」と、もっともコンパクトな「107」(日本未導入)および「1007」の間に位置づけられ、価格や装備も順列に準じたものになるようだ。

なお「206+」の販売は、ヨーロッパ市場に限られるもよう。

(webCG 本諏訪)

「プジョー206+」
「プジョー206+」

「206」復活!? 「プジョー206+」がデビューの画像

「206」復活!? 「プジョー206+」がデビューの画像

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.9.25 試乗記 「スズキ・スイフト」に、独自のフルハイブリッドシステムが搭載された新モデルが登場。2ペダル自動MTとモーターを組み合わせたユニークなパワートレインの見どころと、他のグレードよりさらに上質感を増したドライブフィールを報告する。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールSE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.20 試乗記 「スポーツ」や「イヴォーク」に次ぐ新たなレンジローバーファミリーとして生まれた、ラグジュアリーSUV「レンジローバー ヴェラール」。優美なスタイリングに秘められた走りの質を、3リッターV6ガソリンモデルで吟味した。
ホームへ戻る