【スペック】全長×全幅×全高=3800×1695×1505mm/ホイールベース=2460mm/車重=1070kg/駆動方式=FF/1.5リッター 直列4気筒DOHCターボ(150ps/6000rpm、20.0kgm/4800rpm)/価格=221万5500円(テスト車=296万2050円/HDDナビゲーションシステム=25万9350円/ヘリカルLSD=3万1500円/スマートエントリー&スタートシステム=4万950円/フロントバンパースポイラー=3万7800円/インテリアパネルセット=2万5200円/マスターキット(3連メーターキット、専用本革ステアリング、センターマフラーガーニッシュ、センタースポーツマフラー、スポーツパッド、17インチアルミホイール&タイヤセット)=34万7550円/エアバルブキャップ=4200円)

トヨタ・ヴィッツ TRDターボM(FF/5MT)【試乗記】

“逆レトロ”カー 2009.02.23 試乗記 トヨタ・ヴィッツ TRDターボM(FF/5MT)
……296万2050円

「フィアット500」や「MINI」など、懐かしいルックスのクルマと対極にあるのが「ヴィッツ TRDターボM」。外見ではなく、ドライブフィールがちょっと懐かしいクルマなのだ。
この車両は、(株)トヨタモデリスタインターナショナルが手がける受注生産車。つまり、メーカー公認のチューニングカーということになる。
トヨタ・ヴィッツ TRDターボM(FF/5MT)【短評】

演技派のエンジン

「フィアット500」や「MINI」、そして「VWニュービートル」などは、カッコこそレトロだけれど、中身は最新だ。だからいざドライブしてみると、運転感覚は良い意味でフツー。ま、レトロな外観と新しい中身のミスマッチが面白いのだと思う。いっぽう、「トヨタ・ヴィッツ TRDターボM」はその逆だった。つまり見た目はヴィッツだけれど、走らせてみると「ホットハッチ」や「ボーイズレーサー」という、ちょっと懐かしい言葉を思い出させるフィーリングがあるのだ。

このクルマに乗っていると、つい「手かきの5段マニュアルシフトが付いていまして、これでいつもの山坂道へ行ってまいりました」と、かつての人気TV番組『新車情報』の三本和彦さんみたいな口調になってしまうのだった。三本さんの辛辣でありながらクルマへの愛情あふれる語り口、痛快だったなぁ……(遠い目)。

3連メーターを取り付けると運転席側のアッパーボックスに穴開け加工が必要となるから、一度装着したらもう後戻り(?)はできない。
クリックすると、3連メーターのアップが見られます。
トヨタ・ヴィッツ TRDターボM(FF/5MT)【短評】

「ヴィッツ TRDターボM」に乗り込むと、まずドライバー正面に3つ並んだメーター(ブースト計、油圧計、油温計)が出迎えてくれる。これは「Master Kit」というこのモデル専用のオプション装備で、円周の上端部に赤いセンターマークが付いた本革ステアリングホイールもこのオプションに含まれる。古典的ではあるけれど、こうした演出は嫌いじゃない。というか、かなり好き。

スターターボタンを押してエンジンスタート。すると「ボッボッボッ」という不機嫌な音を発するアイドリングが“チューニングカー気分”を盛り上げる。いっぽう、走り出して2500rpmも回すと、エンジンの印象は一変する。「コーン」と陽気で、上機嫌になるのだ。この不機嫌と上機嫌を巧みに演じわけるあたり、「おぬし、役者やのう」という感じだ。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る