第79回:新生「シトロエンDS」に熱烈ファンは「炎上」!?

2009.02.21 エッセイ

第79回:新生「シトロエンDS」に熱烈ファンは「炎上」!?

永久欠番なんだと思っていたら

2月5日は何の日? フランス車ファンなら、知っているとちょっと自慢できる日である。
答えは「アンドレ・シトロエンの誕生日」だ。

1878年2月5日午前0時半、のちのシトロエンの創立者はパリ9区で生を受けた。そして彼の131回目の誕生日である2009年2月5日、シトロエンはふたつのニュースを発表した。
ひとつは、新しいコーポレイト・アイデンティティ(CI)である。創立当初からの(Citroenにちなんだ)シトロン色から赤を基調にした現行ロゴに大転換したのが1985年だから、24年ぶりの刷新である。

もうひとつは、「DS」のネーミング復活だ。
従来DSといえば、1955年のパリサロンで発表され、たちまち「未来から舞い降りたクルマ」としてセンセーションを巻き起こしたあの名車であった。
シトロエンは2010年からプレミアム性のある商品ラインにその名前を復活させ、「DS3」「DS4」「DS5」という形で3車種を展開する。ここ数年「C4」「C5」「C6」と「C」で始まるシリーズを展開してきたのと同じ要領だ。
それに先駆け、今回「DSインサイド」と名づけられたコンセプトカーを公開した。一部の事情筋によれば将来の「DS3」の予告篇という。

しかしながら、DSといえばシトロエンのアバンギャルド精神のシンボル。ボクは永久欠番なんだと思っていた。したがってその復活は、長嶋茂雄の背番号「3」のユニフォームを新人選手に与えてしまうようなものではないか。相撲でいえば徳俵を踏んでしまった感がある。

後日、有名な自動車業界紙「オートモーティブニュース」の電子版でも、新生「DS」を出したシトロエンのマーケティングについて、「どうよ?」という読者ウェブ投票が展開されていた。

新生DS発表の翌日である2月6日、前回速報でお伝えしたヒストリックカーショー「レトロモビル」が開幕したので、会場でファンたちの感想を聞いてみることにした。いわば地球上で最もシトロエンファンの密集率が高い集いである。
新DS登場に人々は「炎上」しているに違いない。

2009年2月5日に発表された「DSインサイド」。
2009年2月5日に発表された「DSインサイド」。

第79回:新生「シトロエンDS」に熱烈ファンは「炎上」!?の画像

第79回:新生「シトロエンDS」に熱烈ファンは「炎上」!?の画像
同日に発表された新ロゴマーク。
同日に発表された新ロゴマーク。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。