ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】

2009.02.20 自動車ニュース

ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】

独ポルシェAGは、2009年3月3日から開催されるジュネーブショーで、「カイエン ディーゼル」と「911 GT3」を発表する。

■「GT3」さらに切れ味鋭く

「ポルシェ911」シリーズのハードコアモデル「GT3」が、マイナーチェンジされる。エクステリアは、先行して化粧直しが施されたほかの「911」シリーズと同様、前後のランプ類の形状を変更。GT3ならではの各種エアロパーツにも手が加えられ、従来モデルに比べてダウンフォースは2倍以上アップしたという。
エンジン出力も20ps上乗せされて、435psに。これにより、0-100km/h加速は4.1秒、最高速度は312km/hに達する。
GT3として、はじめて「PSM」(ポルシェスタビリティマネージメントシステム)を備えるのもニュース。極めてスポーティなセッティングが施され、段階的に機能を選択することもできるとのことだ。

■パワフルにエコ「カイエン ディーゼル」

「カイエン ディーゼル」は、その名のとおり、SUV「カイエン」のディーゼルモデル。最高出力240psの3リッターV6ターボディーゼルユニットは、2,000rpmの低回転で56.1kgmの大トルクを発生。6段オートマチックトランスミッション「ティプトロニックS」を介し、0-100km/hは8.3秒で到達し、そのまま214km/hまで巨体を引っ張る。
パフォーマンスの点では、ディーゼルエンジンにあわせて専用チューニングが施された「PSM」もトピックだ。

いっぽう経済性も自慢で、燃費値は10.75km/リッターを公称。100リッターの燃料タンクと相まって、1000kmの連続走行が可能だという。
同社によれば、「経済性に優れた大トルクのパワーユニットを組み合わせることで、特に長距離ドライブや牽引時に大きなメリットを享受することができる」とのことである。

(webCG 関)


ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】の画像
「ポルシェ911 GT3」(写真上下とも)
「ポルシェ911 GT3」(写真上下とも)
「ポルシェ・カイエン ディーゼル」
「ポルシェ・カイエン ディーゼル」
ボンネット下におさまる3リッターV6のディーゼルユニット。
ボンネット下におさまる3リッターV6のディーゼルユニット。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 A Life with PORSCHE CAYMAN<PR> 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.5.4 試乗記 3リッターの直噴ターボエンジンや、より洗練されたシャシーなど、各所に最新の技術が取り入れられた「ポルシェ911カレラ」に試乗。余計な装備の付いていない“素”のモデルだからこそ感じることができた、最新911の本質を報告する。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
ホームへ戻る