ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】

2009.02.20 自動車ニュース

ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】

独ポルシェAGは、2009年3月3日から開催されるジュネーブショーで、「カイエン ディーゼル」と「911 GT3」を発表する。

■「GT3」さらに切れ味鋭く

「ポルシェ911」シリーズのハードコアモデル「GT3」が、マイナーチェンジされる。エクステリアは、先行して化粧直しが施されたほかの「911」シリーズと同様、前後のランプ類の形状を変更。GT3ならではの各種エアロパーツにも手が加えられ、従来モデルに比べてダウンフォースは2倍以上アップしたという。
エンジン出力も20ps上乗せされて、435psに。これにより、0-100km/h加速は4.1秒、最高速度は312km/hに達する。
GT3として、はじめて「PSM」(ポルシェスタビリティマネージメントシステム)を備えるのもニュース。極めてスポーティなセッティングが施され、段階的に機能を選択することもできるとのことだ。

■パワフルにエコ「カイエン ディーゼル」

「カイエン ディーゼル」は、その名のとおり、SUV「カイエン」のディーゼルモデル。最高出力240psの3リッターV6ターボディーゼルユニットは、2,000rpmの低回転で56.1kgmの大トルクを発生。6段オートマチックトランスミッション「ティプトロニックS」を介し、0-100km/hは8.3秒で到達し、そのまま214km/hまで巨体を引っ張る。
パフォーマンスの点では、ディーゼルエンジンにあわせて専用チューニングが施された「PSM」もトピックだ。

いっぽう経済性も自慢で、燃費値は10.75km/リッターを公称。100リッターの燃料タンクと相まって、1000kmの連続走行が可能だという。
同社によれば、「経済性に優れた大トルクのパワーユニットを組み合わせることで、特に長距離ドライブや牽引時に大きなメリットを享受することができる」とのことである。

(webCG 関)


ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】の画像
「ポルシェ911 GT3」(写真上下とも)
「ポルシェ911 GT3」(写真上下とも)
「ポルシェ・カイエン ディーゼル」
「ポルシェ・カイエン ディーゼル」
ボンネット下におさまる3リッターV6のディーゼルユニット。
ボンネット下におさまる3リッターV6のディーゼルユニット。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る