ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】

2009.02.20 自動車ニュース

ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】

独ポルシェAGは、2009年3月3日から開催されるジュネーブショーで、「カイエン ディーゼル」と「911 GT3」を発表する。

■「GT3」さらに切れ味鋭く

「ポルシェ911」シリーズのハードコアモデル「GT3」が、マイナーチェンジされる。エクステリアは、先行して化粧直しが施されたほかの「911」シリーズと同様、前後のランプ類の形状を変更。GT3ならではの各種エアロパーツにも手が加えられ、従来モデルに比べてダウンフォースは2倍以上アップしたという。
エンジン出力も20ps上乗せされて、435psに。これにより、0-100km/h加速は4.1秒、最高速度は312km/hに達する。
GT3として、はじめて「PSM」(ポルシェスタビリティマネージメントシステム)を備えるのもニュース。極めてスポーティなセッティングが施され、段階的に機能を選択することもできるとのことだ。

■パワフルにエコ「カイエン ディーゼル」

「カイエン ディーゼル」は、その名のとおり、SUV「カイエン」のディーゼルモデル。最高出力240psの3リッターV6ターボディーゼルユニットは、2,000rpmの低回転で56.1kgmの大トルクを発生。6段オートマチックトランスミッション「ティプトロニックS」を介し、0-100km/hは8.3秒で到達し、そのまま214km/hまで巨体を引っ張る。
パフォーマンスの点では、ディーゼルエンジンにあわせて専用チューニングが施された「PSM」もトピックだ。

いっぽう経済性も自慢で、燃費値は10.75km/リッターを公称。100リッターの燃料タンクと相まって、1000kmの連続走行が可能だという。
同社によれば、「経済性に優れた大トルクのパワーユニットを組み合わせることで、特に長距離ドライブや牽引時に大きなメリットを享受することができる」とのことである。

(webCG 関)


ポルシェ、「911 GT3」「カイエン ディーゼル」を発表【ジュネーブショー09】の画像
「ポルシェ911 GT3」(写真上下とも)
「ポルシェ911 GT3」(写真上下とも)
「ポルシェ・カイエン ディーゼル」
「ポルシェ・カイエン ディーゼル」
ボンネット下におさまる3リッターV6のディーゼルユニット。
ボンネット下におさまる3リッターV6のディーゼルユニット。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る