メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ」が復活【ジュネーブショー09】

2009.02.20 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ」が復活

独ダイムラーは、新型メルセデス・ベンツEクラスの2ドア版、その名も「Eクラスクーペ」の概要を発表した。

■Cd値が世界トップレベルの空力ボディ

「Eクラスクーペ」は、Eクラスのラインナップの一役を担うことになる、新しいパーソナル ラグジュアリークーペだ。3〜4世代前のミディアムクラスの時代にはEクラスにクーペモデルが存在していたが、W210以降のモデルにはクーペモデルは設定されなかった。それが2009年5月、約14年ぶりに復活することとなった。

Eクラスクーペの登場によりメルセデス・ベンツの新しいクーペ系モデルのラインナップは、Cクラスベースの「CLC」(日本未導入)、Eクラスベースの「Eクラスクーペ」、そしてSクラスベースの「CL」と、小・中・大の各モデルが揃うことになる。ちなみにCLCは、旧型Cクラスのプラットフォームがベース。新型Cクラスをベースとした「CLK」の後継、あるいはそれに代わるモデルが今後登場するかどうかは不明だ。

Eクラスクーペには、新型Eクラスに共通するデザインモチーフが随所に散りばめられている。「ツインヘッドランプ・フェイス」と呼ばれる、フロントまわりの造形はセダンと共通。ただし、クーペにはボンネットマスコットは付かず、代わりに大型のスリーポインテッドスターをグリル内に埋め込んだ、スポーツモデル専用のデザインとなる。

メルセデスクーペの作法に則り、サイドウィンドウを最後まで開くことができるピラーレスハードトップのキャビンを採用。また、膨らみを強調したリアフェンダーは、1955年に誕生した「S220」のポンツーンボディをモチーフにしたとのことである。

Eクラスクーペの大きな特徴は、空力性能が非常に優れていること。空力性能を判断するひとつの目安となるCd値は0.24と、市販モデルの中では世界トップレベルとなる。

エンジンは、V8以外のモデルはガソリン、ディーゼルともに直噴式。モデルバリエーションは、ガソリンが「E250CGI ブルーエフィシェンシー クーペ」「E350CGI ブルーエフィシェンシー クーペ」「E500 V8クーペ」の3タイプ。ディーゼルは「E250CDI ブルーエフィシェンシー クーペ」「E350CDI ブルーエフィシェンシー クーペ」の2タイプが揃う。

装備面では、ダンパーの減衰力を変化させる「セレクティブダンパーコントロール」や、ドライバーの目の動きをモニタリングし、眠気による操作ミスを防ぐ「アテンションアシスト」、事故の際にボンネットとエンジンの隙間を広げ、歩行者保護性を高める「アクティブボンネット」などの新装備が搭載される。

Eクラスクーペは、2009年5月から欧州での販売がスタートする予定。

(webCG 曽宮)

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ
メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ
 
メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ」が復活【ジュネーブショー09】の画像
 
メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ」が復活【ジュネーブショー09】の画像
 
メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ」が復活【ジュネーブショー09】の画像
 
メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ」が復活【ジュネーブショー09】の画像
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る