「プジョー308CC」が日本に接近中!?【ジュネーブショー09】

2009.02.19 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】「プジョー308CC」が日本に接近中!?

プジョーは、昨年のパリサロンでワールドプレミアを果たした「308CC」を、ジュネーブショーのメインステージに据える。

■温風スカーフを装備

クーペカブリオレブームに火をつけたプジョーが、206CCの原型ともいえる「20♥」を発表したのは、1998年のジュネーブショーだった。その想い出のショー会場に、昨年秋発表したばかりの「308CC」を展示する。

「207CC」が2+2のパーソナルなCC(クーペカブリオレ)であるのに対し、この308CCは、旧型「307CC」同様、フル4シーターのCCとして、より幅広いユーザーにアピールするのが特徴だ。ハッチバックやステーションワゴンと同じく、全長、全幅は旧型よりひとまわり大きい4400mm、1817mmとなるが、少し“猫背”のスタイルは継承されており、ひと目でプジョーのCCとわかる。

ハードトップは、スイッチひとつで開閉が可能で、要する時間はわずか20秒。オープン時の快適性を向上させるため、ウインドディフレクターやシートヒーターに加えて、“エアウェーブ”と呼ばれる機能を搭載する。これは、前席乗員の首周辺に温風を吹きかけるもので、いわば温風によるスカーフだ。また、安全性については、格納式のロールオーバーバーやサイドヘッドエアバッグなどを搭載して、ユーロNCAPでは5つ星を獲得しているという。

エンジンは、ガソリンが1.6リッターのNAとターボ、ディーゼルが1.6リッターと2リッターの直噴ターボというラインナップ。気になる日本への導入だが、プジョー・シトロエン・ジャポンによれば2009年初夏に発売すべく、現在準備を進めているという。ファミリーでオープンカーを楽しみたい人には導入が待ち遠しい1台である。

(文=生方聡)

関連キーワード:
308プジョージュネーブモーターショー2009イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る