「プジョー308CC」が日本に接近中!?【ジュネーブショー09】

2009.02.19 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】「プジョー308CC」が日本に接近中!?

プジョーは、昨年のパリサロンでワールドプレミアを果たした「308CC」を、ジュネーブショーのメインステージに据える。

■温風スカーフを装備

クーペカブリオレブームに火をつけたプジョーが、206CCの原型ともいえる「20♥」を発表したのは、1998年のジュネーブショーだった。その想い出のショー会場に、昨年秋発表したばかりの「308CC」を展示する。

「207CC」が2+2のパーソナルなCC(クーペカブリオレ)であるのに対し、この308CCは、旧型「307CC」同様、フル4シーターのCCとして、より幅広いユーザーにアピールするのが特徴だ。ハッチバックやステーションワゴンと同じく、全長、全幅は旧型よりひとまわり大きい4400mm、1817mmとなるが、少し“猫背”のスタイルは継承されており、ひと目でプジョーのCCとわかる。

ハードトップは、スイッチひとつで開閉が可能で、要する時間はわずか20秒。オープン時の快適性を向上させるため、ウインドディフレクターやシートヒーターに加えて、“エアウェーブ”と呼ばれる機能を搭載する。これは、前席乗員の首周辺に温風を吹きかけるもので、いわば温風によるスカーフだ。また、安全性については、格納式のロールオーバーバーやサイドヘッドエアバッグなどを搭載して、ユーロNCAPでは5つ星を獲得しているという。

エンジンは、ガソリンが1.6リッターのNAとターボ、ディーゼルが1.6リッターと2リッターの直噴ターボというラインナップ。気になる日本への導入だが、プジョー・シトロエン・ジャポンによれば2009年初夏に発売すべく、現在準備を進めているという。ファミリーでオープンカーを楽しみたい人には導入が待ち遠しい1台である。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 第2回:プジョー208アリュール シエロパッケージ 2016.4.20 特集 フランス車ならではのしゃれた雰囲気と、取り回しのしやすいコンパクトなボディー、そして快活で気持ちのよい走りが身上の「プジョー208」。新しいパワートレインを得て、その走りはどう変わったか? 3人の論客が208の魅力を語り尽くす。
  • プジョー208アリュール シエロパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.12.3 試乗記 大がかりなマイナーチェンジを受けた「プジョー208」に試乗。1.2リッター直3エンジンにターボが付いた「アリュール」は、町なかを流しても、山道を飛ばしても楽しいプレミアムコンパクトに仕上がっていた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る