クライスラー、新型の高級セダン「300」を発売

2012.11.16 自動車ニュース

クライスラー、新型フルサイズセダンの「300」を発売

フィアット クライスラー ジャパンは2012年11月15日、新しいフラッグシップサルーン「クライスラー300」を12月15日に発売すると発表した。

「クライスラー300」は、日本でも2011年まで販売されていた大型セダン「300C」の後継モデルである。先代の特徴だった角張ったスタイリングは踏襲しつつ、C字形のLEDクリアランスランプや水平方向のバーを強調したクロムグリルなど、新型ならではのデザインを随所に採用。ボディーサイズは全長が60mm、全幅が15mm拡大され、全長×全幅×全高=5070×1905×1495mmとなった。

一方インテリアについては、仕上げの水準を大幅に改善。上級グレードの「300Cラグジュアリー」では、シートやドアアームレストにはナッパレザー、インパネやセンターコンソールには、伊ポルトローナ・フラウ製のフォリーニョ・レザーを用いている。

また、静粛性に配慮して、フロントとサイドのウィンドウには、二重構造のアコースティックガラスを採用。装備も充実しており、「Uコネクト」と呼ばれるドライバーインターフェイスが全車に採用された。このシステムは、8.4インチのタッチスクリーンモニターにカーナビやオーディオ、電話などの操作を集約したもので、煩雑なコントローラーなしに、多彩な機能を操作することができるという。さらに、アダプティブバイキセノンヘッドライトやブラインドスポットモニター、アクティブボンネットなど、先進の安全装備も充実している。

パワートレインは先代から一新されており、全車に可変バルブタイミング機構付きの3.6リッターV6DOHC(286ps/6350rpm、34.7kgm/4650rpm)と、新開発のZF製8ATを搭載。5ATが組み合わされた先代の3.5リッターV6モデルと比べると、最高出力を15%引き上げつつ、燃費も9.2km/リッター(JC08モード燃費)と10%以上の改善を見ている。

ラインナップは「300リミテッド」と「300Cラグジュアリー」の2種類で、価格は前者が398万円、後者が538万円となっている。

(webCG)

「クライスラー300Cラグジュアリー」
「クライスラー300Cラグジュアリー」 拡大
 
クライスラー、新型の高級セダン「300」を発売の画像 拡大
「クライスラー300Cラグジュアリー」
「クライスラー300Cラグジュアリー」 拡大
発表会場には、クライスラーの“ブランドアンバサダー”を務める俳優の浅野忠信氏が姿を見せた。右はフィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム代表取締役社長。
発表会場には、クライスラーの“ブランドアンバサダー”を務める俳優の浅野忠信氏が姿を見せた。右はフィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム代表取締役社長。 拡大
 
クライスラー、新型の高級セダン「300」を発売の画像 拡大
 
クライスラー、新型の高級セダン「300」を発売の画像 拡大

関連キーワード:
300クライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る