アウディ、A4に「オールロードクワトロ」を追加

2009.02.19 自動車ニュース

アウディ、A4に「オールロードクワトロ」を追加

アウディは、基幹モデルの「A4」シリーズに、オフロード色を強めたクロスオーバーモデル「A4オールロードクワトロ」を追加した。

■さらに手頃なクロスオーバーモデル

アウディは、クロスオーバーの代名詞ともいえる「オールロードクワトロ」をA4シリーズにも拡大、2009年2月にヨーロッパで発表した。

A4オールロードクワトロは、「A4アバント」をベースに、最低地上高を180mmに高めるとともに、ボディ前後のステンレス製アンダーガードやオーバーフェンダーなどにより、悪路走破性とオフロード色を強めたモデル。さらに、オールロードクワトロ専用のフロントグリルや17インチ7アームアルミホイールなどの採用によって、これまでA6のみだったオールロードを、ひとまわり小さいボディで表現している。

駆動方式は全車にフルタイム4WDを採用。他のA4シリーズ同様、通常は前40:後60でトルクを配分し、路面状況によっては前輪に65%、後輪に85%まで配分を高める新世代クワトロとした。エンジンは、2リッターガソリン直噴ターボ「2.0TFSI」(211ps)、2リッターディーゼルターボ「2.0TDI」(170ps)、そして、3リッターディーゼルターボ「3.0TDI」(240ps)の3種類が用意され、2.0TDIには6段マニュアルが、2.0TFSIと3.0TDIにはデュアルクラッチギアボックスの7段Sトロニックが組み合わされる。

サスペンションは、A6オールロードクワトロがエアサスペンションを採用するのに対し、A4オールロードクワトロではコイルスプリングとダンパーという一般的なタイプを採用。車高調整機能は失われるが、「アウディドライブセレクト」により、ドライバーの好みでダンパーの減衰力を選択することは可能。またアウディドライブセレクトは、スロットルレスポンスやパワーステアリングのアシスト量も変更することができる。

A4オールロードクワトロ独自の機能としては、路面状況により、ESPの動作をオフロード向けに自動的に変更するORD(自動オフロード検知機能)が挙げられる。

このような内容のA4オールロードクワトロ、ヨーロッパでの価格は3万7100ユーロからで、初夏にもヨーロッパ市場に導入される。日本にはいまのところ導入の予定はないというが、A6オールロードクワトロがラインナップから消えた現状では、ぜひ導入を検討してほしいモデルである。

(文=生方聡)

 
アウディ、A4に「オールロードクワトロ」を追加の画像
 
アウディ、A4に「オールロードクワトロ」を追加の画像
 
アウディ、A4に「オールロードクワトロ」を追加の画像
 
アウディ、A4に「オールロードクワトロ」を追加の画像

関連キーワード:
A4オールロードクワトロアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4オールロードクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.12.11 試乗記 2010年の登場以来、限定車として発売されては完売を繰り返してきた「アウディA4オールロードクワトロ」が、いよいよカタログモデルに昇格した。“道を選ばぬ万能車”の実力を確かめるために、東京~箱根のワンデイツーリングに出た。
  • 新型「アウディA4オールロードクワトロ」発売 2016.9.6 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年9月6日、クロスオーバーモデル「アウディA4オールロードクワトロ」の新型を発表した。エンジンは2リッター直4ターボで、新開発の4WDシステムを搭載。658万円の価格で販売される。
  • アウディA6オールロードクワトロ(4WD/7AT)【ブリーフテスト】 2013.4.9 試乗記 ……889万円
    総合評価……★★★★

    2012年の夏に、300台の台数限定で日本に導入された「アウディA6オールロードクワトロ」。オンにもオフにも対応する専用設計の足まわりと、アウディ自慢のエンジンとトランスミッションが織り成す走りを試した。
  • ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース ボルボ・カーズは2017年9月21日(現地時間)、イタリア・ミラノにおいて「XC40」を世界初公開した。「XC60」よりもひと回り小さなボディーを持つコンパクトSUVであり、新開発の小型車用モジュラープラットフォーム「CMA」を採用している。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る