ボルボ、2リッター+2ペダルMTの新グレードを導入

2009.02.19 自動車ニュース

ボルボ、2リッター+2ペダルMTの新グレードを導入

ボルボ・カーズ・ジャパンは、「C30」「S40」「V50」の3モデルそれぞれに、2リッターの新グレード「2.0e」シリーズを設定。2009年3月1日に発売する。

このたび新たに導入される「2.0e」シリーズは、2リッター4気筒エンジンと、新開発の2ペダル式6段MT「Powershift(パワーシフト)」を組み合わせたもの。
ボルボによれば、日本の輸入車市場の52%が2リッター以下であるという状況をふまえての措置で、いままでラインナップしていた2.4リッターの「Aktiv」に代わるエントリーモデルとして導入される。

可変吸気システムを備えるパワーユニットは、従来の2.4リッター5気筒エンジンに比べ、最大トルクこそ一歩譲るものの5ps増しの最高出力145psを発生。いっぽうで、燃費を22%改善したというのもポイントだ。
燃費には、もうひとつの目玉である、ゲトラク社と共同開発した「パワーシフト」も寄与する。これは、フォルクスワーゲンやポルシェが採用しているのと同様の2ペダル式MTで、既存のATに比べパワーロスが少なく、ダイレクト感のある素早い変速が特徴である。

かような2リッターモデルは、素の「2.0e パワーシフト」と、より装備を充実させた「2.0e Aktiv」の2種類でラインナップ。クーペの「C30」、セダンの「S40」、ワゴンの「V50」それぞれに、以下の価格で用意される。
(カッコ内は、いままで最廉価モデルだった2.4リッターの「Aktiv」との価格差)

・「C30 2.0e パワーシフト」:279.0万円(−20.0万円)
・「S40 2.0e パワーシフト」:289.0万円(−26.0万円)
・「V50 2.0e パワーシフト」:299.0万円(−46.0万円)
・「C30 2.0e Aktiv」:314.0万円
・「S40 2.0e Aktiv」:324.0万円
・「V50 2.0e Aktiv」:339.0万円

なお、既存の2.4リッターモデルにおいても、「2.4i SE」に本革シートやプレミアムサウンドオーディオシステムなど25.0万円相当の装備を盛り込みつつ価格を据え置くなど、商品力の強化を図ったとのことだ。

(webCG 関)

「ボルボV50 2.0e パワーシフト」。ルーフレールなどを省きつつ、300万円を切る価格でアピールする。
「ボルボV50 2.0e パワーシフト」。ルーフレールなどを省きつつ、300万円を切る価格でアピールする。
ボルボがゲトラク社と共同開発したデュアルクラッチギアボックス、「パワーシフト」。
ボルボがゲトラク社と共同開発したデュアルクラッチギアボックス、「パワーシフト」。
こちらはクーペモデル「C30 2.0e パワーシフト」。トリップコンピューターやシートヒーター、ルーフレールなどを省き、従来の最廉価モデル「2.4i Aktiv」よりさらに20万円も安くなった。
こちらはクーペモデル「C30 2.0e パワーシフト」。トリップコンピューターやシートヒーター、ルーフレールなどを省き、従来の最廉価モデル「2.4i Aktiv」よりさらに20万円も安くなった。

関連キーワード:
S40V50C30ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
  • フォルクスワーゲンが「パサートGTE」シリーズの装備を強化 2017.8.29 自動車ニュース フォルクスワーゲンがプラグインハイブリッド車である「パサートGTE」シリーズの装備を強化。カーナビゲーションシステムにナビにジェスチャーコントロール機能を搭載したほか、運転支援システムに前進・後退時衝突被害軽減ブレーキ機能を追加した。
ホームへ戻る