【スペック】全長×全幅×全高=4755×1770×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1650kg/駆動方式=FR/3.7リッターV6DOHC24バルブ(330ps/7000rpm、36.8kgm/5200rpm)/価格=401万1000円(テスト車=459万7950円)

日産スカイライン 370GT タイプSP (FR/7AT)【ブリーフテスト】

日産スカイライン 370GT タイプSP (FR/7AT) 2009.02.19 試乗記 ……459万7950円
総合評価……★★★★

発売当初からクーペモデルには搭載されていた3.7リッターV6エンジンが、この冬セダンにも採用された。スポーティ仕様の最上級モデルでその走りを試す。

日産スカイライン 370GT タイプSP (FR/7AT)【ブリーフテスト】

ハイレベルな仕上がり

2008年12月の小変更で、上級グレードのエンジンが従来の3.5リッター「VQ35HR」から3.7リッター「VQ37VHR」に、トランスミッションが5段ATから7段ATに置き換えられ、ますます魅力を増したスカイライン。実際に運転してみると、スポーティなだけでなく、快適さも兼ね備える、ハイレベルなスポーツサルーンに仕上がっていた。

4輪アクティブステア(4WAS)は熟成の跡が見られ、デビュー当時に比べると人工的な味付けが薄まっている。ただ、まだ一部不自然さも残っていて、個人的にはこのオプションを選ぶかどうかは微妙なところ。4WASが、スカイラインの走りを楽しむうえで必須のアイテムとは思わないし。

そんなディテールはともかく、この内容でこの価格なら説得力は十分だろう。“C”や“3”もいいけれど、日本発のグローバルスポーツサルーンもぜひ一度お試しあれ!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る