プジョーのクロスオーバー「3008」がワールドプレミア【ジュネーブショー09】

2009.02.18 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】プジョーのクロスオーバー「3008」がワールドプレミア

仏プジョーは、2009年3月3日のプレスデイで幕を開けるジュネーブモーターショーで、ワールドプレミアとなる新型クロスオーバー「3008」を発表する。

■「背が高いクルマ」でドライビングプレジャーを

SUVとMPV、ハッチバックの間に位置づけられる、クロスオーバーモデルとして誕生したクルマが「プジョー3008」。環境に優しく、かつ「背が高いクルマ」でのドライビングプレジャーを追い求めたという。
ディメンションは、全長×全幅×全高=4365×1837×1639mmと、「日産デュアリス」をひとまわり大きくしたサイズとなる。

走行性能向上のため、3008にはプジョーの新しい技術がふんだんに投入された。
KYB Suspension Europeと共同開発した「ダイナミックロールコントロール」は、リアサスペンションのクロスメンバーに仕込まれたモジュールが、左右ダンパーを制御しロールを抑えるというもの。
「グリップコントロール」は、オフロードでの機動性を高めるもので、路面状況に応じて5つの走行モードを任意に選択し、トラクションを最適化することができる。

■ハイブリッド4WDも追加予定

エンジンは、ガソリン2種とディーゼル3種の計5種類をラインナップ。ガソリンは「207」シリーズなどでおなじみの、BMWとの共同開発による1.6リッター直4と同ターボエンジンだ。

さらに2011年からはハイブリッドシステム搭載モデルも登場するという。これは2008年のパリサロン出展車「プジョー・プロローグ HYモーション4」で発表のあった仕組みで、前輪を2リッターディーゼルエンジンが、後輪をモーターが駆動させる四輪駆動システムのこと。アイドリングストップ機構などとあわせ、CO2排出量109g/kmという環境性能を達成している。

3008シリーズは2009年に発売予定。
日本への導入は発表されていないが、ガソリンはMTしかなく、ATがディーゼルにしかないことから、現状では上陸の望みが薄いと考えられる。

(webCG 本諏訪)


プジョーのクロスオーバー「3008」がワールドプレミア【ジュネーブショー09】の画像
ヒルホールドやヘッドアップディスプレイ、エレクトリックパーキングブレーキ、ディスタンスコントロールなども装備される。
ヒルホールドやヘッドアップディスプレイ、エレクトリックパーキングブレーキ、ディスタンスコントロールなども装備される。

プジョーのクロスオーバー「3008」がワールドプレミア【ジュネーブショー09】の画像
荷室面は3段階の調整ができ、リアシートは倒すことで、容量は432リッターから最大1241リッター(いずれもVDA法による)にまで拡大が可能だ。
荷室面は3段階の調整ができ、リアシートは倒すことで、容量は432リッターから最大1241リッター(いずれもVDA法による)にまで拡大が可能だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る