【スペック】全長×全幅×全高=4435×1810×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1500kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(385ps/6500rpm、42.8kgm/4400rpm)/価格=1451万円(テスト車=1554万4000円/フロアマット=3万円/シートヒーター=7万4000円/スポーツクロノパッケージ=19万4000円/LSD=20万円/カラークレストセンターキャップ=3万円/アダプティブスポーツシート=44万6000円/フロントレザーシート=6万円)

ポルシェ911 カレラS(RR/7AT)【試乗記】

ポルシェ911ファミリーカー化計画 2009.02.18 試乗記 ポルシェ911 カレラS(RR/7AT)
……1554万4000円

トランスミッションを一新し、よりスポーティになったというオートマ仕様の「ポルシェ911」。伝統的なリア駆動の3.8リッターモデル、「S」でその実力を試した。

後席の広さは充分!?

エンジンとトランスミッションを一新した新しい「ポルシェ911シリーズ」には、各方面で絶賛の嵐が吹き荒れていて、ここでさらに絶賛を加えて嵐を大嵐にしてもしょうがないとは思うわけです。でも、自分にもひとことだけ言わせてください。「もう降りたくない」。
ケイマンもボクスターもそうだけど、ポルシェのスポーツカーは夢の国へと連れて行ってくれる。そこは、あらゆるメカニズムが理想的に動いているユートピア。加速も減速もコーナリングも思いのまま。ポルシェを運転している間だけは、自分も夢の国の一員になれるのだ。

今回試乗した、スピードイエローという名前までかっちょいい、黄色に塗られた「911 カレラS PDK」は正札1451万円、オプション込みで1554万4000円。定期預金とか保険をすべて解約して、ふたりの豚児のブタの貯金箱を内緒で割ったとしてもはるかに届かないお値段だ。残念を通り越して、悲しい。

もし、ほんの数%でもこのクルマを自分のモノにできる可能性が生まれるとしたら、それはこれ1台で暮らすということだろう。そんなしょぼい使い方をしたらフェルディナント・ポルシェ博士も草葉の陰でお泣きになるかもしれないけれど、背に腹は代えられない。無い袖は振れない。“ポルシェ911ファミリーカー化計画”ということをマジメに考えてみたのである。

最大の問題は、後席が使えるか否かだろう。家族4人、これ1台で移動できるのか。これまで真剣に試したことのない、911の後席の広さを本気でチェックしてみました。結果は、ほぼ問題なし。身長180センチの自分の場合、多少ひざが前席シートにあたり、少しだけ頭が天井に触れるけれど、我慢しようと思えば我慢できる範囲だ。逆にすっぽり囲まれる感じが、これはこれで心地よい。

というのは、試乗を終えたばかりで瞳がキラキラしている状態での感想であって、普通に考えると大人が乗って我慢できるのは30分が限度か。でも、わが家の豚児ならあと3、4年はこの空間に収まりそうだ。子どもはホントに狭くて薄暗い場所が好きだから……、なんて無理矢理に自分を正当化していますが。

09年モデルから前後バンパーの形状は変更を受けたが、新旧2台を並べてみないと違いがわからないぐらいの小さな変化。
09年モデルから前後バンパーの形状は変更を受けたが、新旧2台を並べてみないと違いがわからないぐらいの小さな変化。
カレラSのメータ類は、ホワイトの盤面に黒文字。いっぽう、カレラはブラックの盤面に白文字となる。
カレラSのメータ類は、ホワイトの盤面に黒文字。いっぽう、カレラはブラックの盤面に白文字となる。

ポルシェ911 カレラS(RR/7AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る