「クライスラー・イプシロン」が日本上陸

2012.11.16 自動車ニュース

クライスラー、新型コンパクトの「イプシロン」を発売

フィアット クライスラー ジャパンは2012年11月15日、新型のコンパクトカー「クライスラー・イプシロン」を、12月15日に発売すると発表した。

「イプシロン」はクライスラー・ブランドにとって4年半ぶりに日本市場に投入する新型車。小型車ならではの実用性や経済性に加え、上質な内外装や充実した装備を併せ持つプレミアムコンパクトとうたわれる。同型車が同じフィアットグループのランチアから「ランチア・イプシロン」として販売されている。

ボディーサイズが全長×全幅×全高=3835×1675×1520mmの5ドアハッチバック車だが、リアドアのドアハンドルをガーニッシュに隠すことで、3ドアクーペのように見せている。ホイールはベーシックモデルの「ゴールド」が15インチ、上級モデルの「プラチナ」が16インチを履く。15インチには「イプシロン(Ypsilon)」の「Y」をモチーフにしたデザインが用いられる。

一方、クラス最大の広さをうたうインテリアでは、人の体の触れる部分にふんだんにソフト素材を採用。シートはベースグレードにはファブリック、上級グレードにはレザーとファブリックのコンビタイプが装着される。

エンジンは「ツインエア」と呼ばれる0.9リッターの2気筒ターボで、85ps/5500rpmと14.8kgm/1900rpmを発生。アイドリングストップ機構の「Start & Stopシステム」と相まって、JC08モードで19.3km/リッターという燃費性能も実現している。

価格は「ゴールド」が235万円、「プラチナ」が260万円。

(webCG)

「クライスラー・イプシロン プラチナ」
「クライスラー・イプシロン プラチナ」

「クライスラー・イプシロン」が日本上陸の画像

「クライスラー・イプシロン」が日本上陸の画像

「クライスラー・イプシロン」が日本上陸の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る