フィアット500に「カブリオレ」登場【ジュネーブショー2009】

2009.02.17 自動車ニュース

【ジュネーブショー2009】フィアット500に「カブリオレ」登場

「フィアット500」ベースのオープンカー「フィアット500C」が、2009年中に欧州で発売されることが明らかになった。

フィアット・オートは、2009年3月のジュネーブショーで「フィアット500C」を初公開する。

500Cは、電動開閉式ソフトトップを備え、気軽にオープンエアドライブを楽しめるようにしたモデル。省スペース化を図ったルーフシステムの採用により、4名乗車が可能なうえ、オープン時にもトランクルームに荷物が入るスペースを確保したという。

ヨーロッパ仕様として用意されるのは、1.3リッター(75hp)のディーゼルエンジンに5段MTを組み合わせたモデルと、1.2リッター(69hp)または1.4リッター(100hp)のガソリンエンジンに、5段MTまたは自動変速モード付きのデュアロジックを組み合わせたモデル。

MTモデルには、ギアをニュートラルに入れてクラッチを切ると自動的にアイドリングストップを行う「Start&Stop」システムが搭載される。

ボディカラーには、カブリオレ用の新色としてパールレッドとウォームグレーが追加される。またルーフ色は、アイボリー、レッド、ブラックの3色から選ぶことができる。

ヨーロッパでの発売は、2009年春頃の予定。日本でも早い時期に発売されることを期待したい。

(webCG 曽宮)

フィアット500C
フィアット500C 拡大
 
フィアット500に「カブリオレ」登場【ジュネーブショー2009】の画像 拡大
 
フィアット500に「カブリオレ」登場【ジュネーブショー2009】の画像 拡大

関連キーワード:
500Cフィアットジュネーブモーターショー2009イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 特別なソフトトップの「フィアット500C」限定発売 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月28日、「フィアット500C」に特別仕様車「Ivory Top(アイボリートップ)」を設定し、同年7月8日に60台の台数限定で発売すると発表した。
  • フィアット、限定車「500Cヴォラーレ」を発売 2012.2.7 自動車ニュース フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは2012年2月7日、「500C」の限定車「500C Volare(ヴォラーレ)」を発売した。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る