フィアット500に「カブリオレ」登場【ジュネーブショー2009】

2009.02.17 自動車ニュース

【ジュネーブショー2009】フィアット500に「カブリオレ」登場

「フィアット500」ベースのオープンカー「フィアット500C」が、2009年中に欧州で発売されることが明らかになった。

フィアット・オートは、2009年3月のジュネーブショーで「フィアット500C」を初公開する。

500Cは、電動開閉式ソフトトップを備え、気軽にオープンエアドライブを楽しめるようにしたモデル。省スペース化を図ったルーフシステムの採用により、4名乗車が可能なうえ、オープン時にもトランクルームに荷物が入るスペースを確保したという。

ヨーロッパ仕様として用意されるのは、1.3リッター(75hp)のディーゼルエンジンに5段MTを組み合わせたモデルと、1.2リッター(69hp)または1.4リッター(100hp)のガソリンエンジンに、5段MTまたは自動変速モード付きのデュアロジックを組み合わせたモデル。

MTモデルには、ギアをニュートラルに入れてクラッチを切ると自動的にアイドリングストップを行う「Start&Stop」システムが搭載される。

ボディカラーには、カブリオレ用の新色としてパールレッドとウォームグレーが追加される。またルーフ色は、アイボリー、レッド、ブラックの3色から選ぶことができる。

ヨーロッパでの発売は、2009年春頃の予定。日本でも早い時期に発売されることを期待したい。

(webCG 曽宮)

フィアット500C
フィアット500C
 
フィアット500に「カブリオレ」登場【ジュネーブショー2009】の画像
 
フィアット500に「カブリオレ」登場【ジュネーブショー2009】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • 第47回:フェラーリは舐めるように乗れ 2017.6.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第47回は「フェラーリは舐めるように乗れ」。フェラーリを買ったら毎日乗りたいと考える者も多い。が、それは果たして……。持続可能なフェラーリライフを送るために筆者が肝に銘じていることとは?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その18) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フィアットのブースを画像で紹介する。
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る