クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4250×1845×1315mm/ホイールベース=2550mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/3.7リッター V6DOHC24バルブ(336ps/7000rpm、37.2kgm/5200rpm)/価格=446万2500円(テスト車=486万6850円)

日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)【ブリーフテスト】

日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT) 2009.02.16 試乗記 ……486万6850円
総合評価……★★★★

さらなるパワーを手にしつつ、ショート&ワイド化を図った新型「フェアレディZ」。実際の走りはどうなのか? AT仕様の最上級グレードで探った。

求む! V8エンジン

一見すると旧モデルとあまり変わっていないように見えるものの、オーバーハングの詰まったスタイリングはホイールベースが短縮されて、かなりコンパクトに変貌していると感じる。それでも、オーバーフェンダーの張り出しなどボリューム感は十分で、これなら米国車のなかに混じっても決して引けをとらないだろう。実際の横幅は大きいものの、意外や取り回しはラク。ショートホイールベースなりの機動性も発揮される。
もしもこれにV8エンジンが搭載されたなら、欧米の大型スポーツカーとの上位決戦も夢ではない。北米でも売られることになった「GT-R」といっそうの差別化が図れるわけだし、V8エンジンはフェアレディZのキャラクターをより明確にするだろう。そのうえで排気量を3.5リッター程度に留めれば、燃費性能でもアピールできるというものだ。

「フェアレディZ」が世に出たときの開発背景は、マツダの「ユーノス・ロードスター」のケースに似ていた。つまり、比較的お手軽で安価なスポーツカーを狙って開発され、評価を得たのだった。それが今や、それなりのブランドとして十分認知されている。実力も認められているのだから、たとえそれほど数が期待できないことになっても、高品質なスポーツカーとして、また“日産の看板”として、長期の存続を期待したい。今回のフルモデルチェンジは、そんな気持ちにさせられるほど、意気込みが感じられる内容だ。

注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
現行型の「日産フェアレディZ」は、「Z34型」として2008年12月1日にデビューしたモデル。開発キーワードは「Jump」で、「Z-ness」(Zらしさ)と、その時代にふさわしい「new-ness」(新しさ)を取り入れながら、走りをピュアに楽しめるスポーツカーとして、あらゆる性能を磨き上げたとされる。
先代に比べ、ボディは65mm短く、30mmワイドに。ホイールベースが100mmも短くなったのもポイント。シャシーは「スカイライン」のものをベースとするものの、ショートホイールベース化ほか味付けの違いにより、まったく別のクルマに仕立てられた。後退したキャビンの前方にフロントミドに搭載されるエンジンは、3.7リッターV6の一種類。トランスミッションには、6段MTとマニュアルモード付き7段ATが選べる。

(グレード概要)
「フェアレディZ」には、ベーシックグレードにあたる“素の”「フェアレディZ」、よりスポーティな「バージョンS」、本革シートやBOSEサウンドシステムなどの豪華装備をもつ「バージョンT」、それらSとTの要素をあわせもつ「バージョンST」の4タイプが用意される。
試乗車は、「バージョンST」のオートマチック仕様車。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
ステアリングコラムは計器類のユニットと一体で動く機構だから、メーター類の視認性はどの角度でも良好。しかし、せっかくここまでやったのに、チルトのみでテレスコピック調整が無いのは惜しい。
ダッシュボードの形そのものは、立体的で計器の目盛りも見やすい。全体にすっきりとしたデザインで、かつスポーツカーらしい雰囲気を持たせることに成功している。

(前席)……★★★★
シートは調整機構を完備しており、ほぼ好みのポジションが得られる。サイズ、形状、横方向のサポートもまずまず。しかし座面のクッション材には不満が残る。単に薄いのか、それとも質的に硬いのか? 短時間の試乗でもお尻が痛くなってきた。シートとステアリングホイールの関係がうまく調整できたとしても、ペダル類との関係が上手くいかない。ステアリングホイールにテレスコピック調整機能が付かないならば、せめてペダルのアジャスト機構は欲しい。

(荷室)……★★★★
敷居は高いものの、ハッチはサイドまで回り込んで、大きく開く。フロアは浅いが、小型ハッチバック車以上の面積があり、思ったより積める。シート後方の物入れも有効だ。2人乗りスポーツカーのトランクとしては、長距離旅行まで想定した、十分な容量が確保されている。ボディ補強の部材であるタワーバーも、先代とは異なり、後方視界を妨げない低い位置になった。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
V6エンジンはスムーズにしてパワフル。7ATもGTカーの用途として満足できるレベルだ。変速パドルは固定されており使いやすい。が、その形状は、先端が尖っていて少し怖い。
もちろんV6でもパワーに不足はないものの、アメリカ市場のことを考えると、やはりV8が欲しくなる。3.5リッターくらいの小排気量V8を載せればプレミアム感はさらに増すだろうし、そもそもシャシーやデザインといったエンジン以外の部分でも、高価格で勝負できる内容を備えている。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
大きく重いボディは、スポーツカーにとって不利ではあるが、ホイールベースを詰めた効果は大きく、数字から想像する以上に身のこなしは敏捷だ。ハンドルの操舵力は重め。乗り心地は総じて硬めの設定ではあるが、姿勢変化は少なくダンピングも良好で、不快感はあまりない。ただしリアには、横剛性が不足しているような、ややグニャグニャする感覚がある。

(写真=峰昌宏)


日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)【ブリーフテスト】

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2009年1月23日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2008年型
テスト車の走行距離:4532km
タイヤ:(前)245/40R19(後)275/35R19(いずれも、ブリヂストン POTENZA RE050)
オプション装備:カーウイングスナビゲーションシステム+ETCユニット(33万2350円)/特別塗装色ブリリアントホワイトパール(4万2000円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(6)
テスト距離:421.8km
使用燃料:56.0リッター
参考燃費:7.53km/リッター

関連キーワード:
フェアレディZ日産試乗記

あなたにおすすめの記事