【スペック】全長×全幅×全高=4250×1845×1315mm/ホイールベース=2550mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/3.7リッター V6DOHC24バルブ(336ps/7000rpm、37.2kgm/5200rpm)/価格=446万2500円(テスト車=486万6850円)

日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT)【ブリーフテスト】

日産フェアレディZ バージョンST(FR/7AT) 2009.02.16 試乗記 ……486万6850円
総合評価……★★★★

さらなるパワーを手にしつつ、ショート&ワイド化を図った新型「フェアレディZ」。実際の走りはどうなのか? AT仕様の最上級グレードで探った。

求む! V8エンジン

一見すると旧モデルとあまり変わっていないように見えるものの、オーバーハングの詰まったスタイリングはホイールベースが短縮されて、かなりコンパクトに変貌していると感じる。それでも、オーバーフェンダーの張り出しなどボリューム感は十分で、これなら米国車のなかに混じっても決して引けをとらないだろう。実際の横幅は大きいものの、意外や取り回しはラク。ショートホイールベースなりの機動性も発揮される。
もしもこれにV8エンジンが搭載されたなら、欧米の大型スポーツカーとの上位決戦も夢ではない。北米でも売られることになった「GT-R」といっそうの差別化が図れるわけだし、V8エンジンはフェアレディZのキャラクターをより明確にするだろう。そのうえで排気量を3.5リッター程度に留めれば、燃費性能でもアピールできるというものだ。

「フェアレディZ」が世に出たときの開発背景は、マツダの「ユーノス・ロードスター」のケースに似ていた。つまり、比較的お手軽で安価なスポーツカーを狙って開発され、評価を得たのだった。それが今や、それなりのブランドとして十分認知されている。実力も認められているのだから、たとえそれほど数が期待できないことになっても、高品質なスポーツカーとして、また“日産の看板”として、長期の存続を期待したい。今回のフルモデルチェンジは、そんな気持ちにさせられるほど、意気込みが感じられる内容だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)【試乗記】 2007.12.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)
    ……569万1000円

    レーシングエンジンと同様のパーツを組み込んだ、専用の3.8リッターユニットを搭載するクルマが「フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS」。レーシングエンジンと聞くと気むずかしい印象があるが……。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る