BMW5シリーズのハッチバック「グラントゥーリスモ」登場【ジュネーブショー09】

2009.02.13 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】BMW5シリーズのハッチバック「グラントゥーリスモ」登場

独BMWは、3月3日に開幕するジュネーブショーに「5シリーズ コンセプト グラントゥーリスモ」を出展する。

「5シリーズ コンセプト グラントゥーリスモ」は、BMWがPAS(Progressive Activity Sedan)と呼ぶ、ニューカテゴリーのクルマである。

本来の意味の「GT(グラントゥーリスモ)」、つまり旅行にも使える荷室容量と、快適な居住空間を実現させたもので、セダンのエレガントさ、SUVの機能性や居住性などを兼ね備えるという。

全長4998mmの長躯に、1555mmという「ホンダ・オデッセイ」程度の、やや高めの全高が特徴だ。

一般的なSUVとセダンの中間ぐらいの高さにドライバーズシートが据えられ、メーターナセル内にはイグニッションオンで指針や目盛りが表示されるブラックパネルテクノロジーが採用されたカラーディスプレイが設置される。

後部座席は100mmの前後スライドとリクライニングが可能。7シリーズ並みのレッグルームに、X5並みのヘッドクリアランスを併せ持つ居住性が与えられた。さらに、パノラマルーフの恩恵にあずかることもできる。

最大1650リッターの容量を誇る荷室へは、2とおりの開き方をするリアゲートからアクセスが可能。

ショーカーには、21インチのホイールを装着するなど、スポーティな一面もアピールする。

なお、市販モデルのローンチは2009年11月を予定しているとのこと。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る