三菱の電気自動車「i MiEV」、世界へ

2009.02.13 自動車ニュース
ジュネーブショーへの出展が予定される「プロトタイプi MiEV」のスケッチ。
電気自動車「i MiEV」、世界へ

三菱の電気自動車「i MiEV」、世界へ

三菱自動車は、電気自動車「i MiEV」の世界進出を示唆するコンセプトカーを、ジュネーブショーに出展する。

ニュージーランドの環境大臣や同国国営電力会社のCEO、市長、三菱自動車現地法人の最高経営責任者らが集まって行われた、i MiEVの走行開始セレモニーの様子。
電気自動車「i MiEV」、世界へ

ポストガソリン車へのひとつのアプローチとして、三菱自動車がいま力を注いでいるのは、電気自動車の実用化に向けた取り組みだ。国内では2009年夏にEV第1弾となる「i MiEV」を発売する予定。i MiEVは試乗記でもお伝えしたように、1回の充電で約160km(10・15モ−ド走行)の走行が可能。さらに1km走行あたりの電気代は1〜2円と、ガソリン車を大幅に凌ぐランニングコストを実現する。

そのi MiEVが、日本のみならず海外に進出する可能性が濃厚になってきた。2009年3月のジュネーブショーでは、i MiEVをベースに、トレッドを拡大するなどして欧州の道路事情に合わせたモデルが「プロトタイプi MiEV」として登場する。同モデルは、前後のオーバーハングを拡大し歩行者保護性能や衝突安全性を高めるなど、海外の安全基準を睨んだ対策が施してある。

欧米をはじめとする各地では、i MiEVの実証試験や調査が進められている。2009年2月にはニュージーランドにおいて、i MiEVの走行試験開始を記念したキックオフイベントが実施された。そこでは同国の環境大臣ほか政府関係者を招いて電気自動車の実用化に向けた議論やプロモーション活動を行うなど、電気自動車の認知度アップが図られた。
日本の小さな電気自動車は、少しずつ世界に根を張りつつあるようだ。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)【試乗記】 2011.9.7 試乗記 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)
    ……387万3500円/283万1100円

    マイナーチェンジを受け、ラインナップが拡充した「三菱i-MiEV」。電池容量が異なる「G」と「M」を、箱根で乗り比べた。
  • 「三菱i-MiEV」のインテリアが新デザインに 2016.12.21 自動車ニュース 三菱自動車は2016年12月21日、インテリアを中心に仕様変更が施された、電気自動車「i-MiEV」を発売した。今回の手直しにより、回生ブレーキや空調についても機能が追加された。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場 2017.6.23 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月23日、「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「イヴォークARANCIO NERO(アランチョ・ネロ)」を発表。同日、受注を開始した。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る