もっと私らしく! 「ルノー・トゥインゴ」用オプション、ぞくぞく

2009.02.13 自動車ニュース

もっと私らしく! 「ルノー・トゥインゴ」用オプション、ぞくぞく

仏ルノーは、本国で2009年2月19−22日に開催される「パリPTS(Personalization, Technology and Mechanical Sports)」に、コンパクトカー「トゥインゴ」のカスタマイズオプションなどを展示すると発表した。

2代目「トゥインゴ」が本国でデビューしたのは、2007年6月のこと。現在では、約14万台が欧州の道を走っているという。

生みの親であるルノーによれば、既存の商品をカスタマイズして自己表現をすることが、目下の流行。携帯電話のカバーや衣類の例に漏れず、トゥインゴもまた発売以来、多くのユーザーがカスタマイズを実施しているという。今回同社は、フランス本国の見本市で、トゥインゴ用の各種デカールやエアロパーツなどを多数発表。「city of light」「sport」「pop art」といった、テーマごとのパッケージオプションなども用意する。
さらに、ショーでは、オリジナルの17インチホイールやボディパネルなどで飾った2台のカスタマイズカー「エンジェル」と「デビル」も展示される。

インターネット上でトゥインゴのカスタマイズを試すことができる専用サイトhttp://twingototalperso.com/もオープンするなど、ルノーの力の入れようは相当なもの。
日本のルノージャポンでも、これらカスタマイズパーツを今後導入する見込みとのことである。

(webCG 関)

ルノーがカスタマイズを施した、トゥインゴの「エンジェル」(左)と「デビル」。
ルノーがカスタマイズを施した、トゥインゴの「エンジェル」(左)と「デビル」。

もっと私らしく! 「ルノー・トゥインゴ」用オプション、ぞくぞくの画像

もっと私らしく! 「ルノー・トゥインゴ」用オプション、ぞくぞくの画像
(写真上下)純正パーツを組み込んだカスタマイズ「トゥインゴ」(の一例)。
(写真上下)純正パーツを組み込んだカスタマイズ「トゥインゴ」(の一例)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る