第78回:パリ直送!「レトロモビル2009」速報

2009.02.11 マッキナ あらモーダ!

第78回:パリ直送!「レトロモビル2009」速報

50年の眠りから醒めた1937年「ブガッティ・タイプ57Sアタランテ・クーペ」。
50年の眠りから醒めた1937年「ブガッティ・タイプ57Sアタランテ・クーペ」。
あるミニカー屋さんのスタンド。1台1ユーロ、3台で2ユーロ。実車でも、こういう計算アリだといいんですけど……。
あるミニカー屋さんのスタンド。1台1ユーロ、3台で2ユーロ。実車でも、こういう計算アリだといいんですけど……。

アダルト化、進む?

2009年2月6日、ヨーロッパ最大級のヒストリックカーショー「第34回レトロモビル」がパリで開幕した。

今年創業90年を迎えたシトロエンは、前日に発表した新ロゴで会場セットを統一。1919年の「タイプA」と、現行の「C3ピカソ」を中心に据え、その周囲を「DS」「SM」「アミ」「2CV」「メアリ」など各公認クラブのスタンドが取り囲んだ。
シトロエンの歴史保管庫からの出展が多い例年とは対照的に、今年はレストア直後の個人蔵車が主なクラブの主役を務めた。

会場全体を見渡して気づくのは、いかにもレトロモビルに通い詰めたと思われる年配のエンスージアストが増えていることである。率直にいえば、アダルト化? が進んでいるのは明らかだ。
そういう筆者も、気がつけば最初に来たのは13年前。今や常連のフランス人から「毎年見かけるねえ」と声をかけられ、そういう彼らの眼の奥には「あんたも好きねえ」と書いてあるようになった。

今回のオークションにはこんな珍車も。ルノーをベースにした菓子の宣伝カー。1952年ツールドフランスでコースを走った。
今回のオークションにはこんな珍車も。ルノーをベースにした菓子の宣伝カー。1952年ツールドフランスでコースを走った。
シトロエンSMクラブ・ド・クラブが出品した、1974年スパ・フランコルシャン24時間レース仕様。
シトロエンSMクラブ・ド・クラブが出品した、1974年スパ・フランコルシャン24時間レース仕様。
エンジニア、ゴネが1947年に考案したハイブリッド車。
エンジニア、ゴネが1947年に考案したハイブリッド車。

まだまだある魔力

それはさておき、2日目夜恒例のオークションは、昨年からクリスティーズにかわって担当するようになったボナムス社によるものだ。
今年の目玉は、1937年「ブガッティ・タイプ57Sアタランテ・クーペ」である。ブガッティの中でもアタランテといえば、エンスージアスト垂涎の的だが、このクルマはなんと約50年にわたってガレージで惰眠を貪っていたという数奇なストーリーをもつ。今回はほぼ発見されたままのコンディションでの出品だった。

欧州でもアメリカでもコンクールデレガンスというと、常連といわれるクルマが勝つようになって久しい昨今だが、ヒストリックカーの世界には、こんな奇跡も、まだ存在するのである。
なお、このアタランテは、会場の直通電話参加者によって310万ユーロ(約3憶6890万円)で落札され、その瞬間会場からは拍手が巻き起こった。

特別展示の中で来場者の注目を集めていたのは、「新しいエネルギー」のコーナーである。といっても、ここはレトロモビル。最新モデルの展示ではないところがミソだ。
走行前に充填した80バールの圧搾空気でシリンダーを動かす市電は、なんと133年前にフランス・ナントで営業運転が開始されたものだ。
戦後間もなく1947年にゴネというエンジニアが試作した車両は、フロントにチュンダップの2気筒エンジンを、リアに電気モーターを搭載した、ハイブリッドである。
乗り物産業が今のように高度化・複雑化する以前は、かくも自由な発想で溢れていたという、なかなか考えさせられる企画である。

また今年は、レトロモビル史上初の試みとして、アマチュアも参加できるコレクターズセールが2月14日、15日に開催される。
かくもレトロモビル自体は、常に時代に合わせて進化を試みている。だからこそ何度訪れても飽きない。それこそが「あんたも好きねえ」と言われながらもまたふらふらと来てしまう、レトロモビルの魅力、いや魔力に違いない。

「レトロモビル」はパリ・ポルト・ド・ヴェルサイユの見本市会場で2009年2月15日まで開催中。

以下、写真でお楽しみください。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

第二次大戦中のガソリン欠乏期、プジョーが開発したミニ電気自動車。郵便配達に使われた。
第二次大戦中のガソリン欠乏期、プジョーが開発したミニ電気自動車。郵便配達に使われた。
とんでもない物まで売っているのがレトロモビルの楽しいところ。ちなみに送風機付きでした。
とんでもない物まで売っているのがレトロモビルの楽しいところ。ちなみに送風機付きでした。
これもボナムスのコーナーで。スイスのカロスリ、ギア・エイグルによる1956年「アルファ・ロメオ1900Cスーパースプリント」。
これもボナムスのコーナーで。スイスのカロスリ、ギア・エイグルによる1956年「アルファ・ロメオ1900Cスーパースプリント」。
スト多きフランスだが、こちらは10日間の会期中マートラの前に黙々と立つレーサー。
スト多きフランスだが、こちらは10日間の会期中マートラの前に黙々と立つレーサー。
エッフェル塔オブジェを囲んで集められた、「新しいエネルギー」のクルマたち。
エッフェル塔オブジェを囲んで集められた、「新しいエネルギー」のクルマたち。
足元を見れば、シトロエン旧ロゴなどのホーロー看板が。
足元を見れば、シトロエン旧ロゴなどのホーロー看板が。
伊アレーゼのアルファ・ロメオ博物館から持ち込まれた1965年「スプリント・スペチアーレ・プロトタイプ」。デザインはベルトーネ。
伊アレーゼのアルファ・ロメオ博物館から持ち込まれた1965年「スプリント・スペチアーレ・プロトタイプ」。デザインはベルトーネ。
90周年を祝ったシトロエンのスタンド。奥は「C3ピカソ」、手前は「トラクシォン・アヴァン」。2台に魂があったなら、何を話しているのやら。
90周年を祝ったシトロエンのスタンド。奥は「C3ピカソ」、手前は「トラクシォン・アヴァン」。2台に魂があったなら、何を話しているのやら。
ヘッドランプのスペシャリスト。「ルノーR16」といったクルマ好きでも、今や「ああ、ありましたねえ」と言ってしまうような地味モデル用もちゃんとあるのは感動的。
ヘッドランプのスペシャリスト。「ルノーR16」といったクルマ好きでも、今や「ああ、ありましたねえ」と言ってしまうような地味モデル用もちゃんとあるのは感動的。
特別展示のひとつ「2気筒バイクの歴史」。1962年「ホンダ・ジュノオ」(手前)の姿も。
特別展示のひとつ「2気筒バイクの歴史」。1962年「ホンダ・ジュノオ」(手前)の姿も。
ボナムスのセールは7日の夜5時半にスタートした。
ボナムスのセールは7日の夜5時半にスタートした。
お母さんがデパートの化粧品コーナーでつい話を聞いてしまうがごとく、お父さんはボディ補修用強力接着剤の説明につい引き寄せられて……。
お母さんがデパートの化粧品コーナーでつい話を聞いてしまうがごとく、お父さんはボディ補修用強力接着剤の説明につい引き寄せられて……。
フジョーは「304」(手前)の40歳を祝った。
フジョーは「304」(手前)の40歳を祝った。
頭上にも注意! 元スウェーデン国王の1937年ルノーが。
頭上にも注意! 元スウェーデン国王の1937年ルノーが。
戦後フランスに彗星のごとく現れて消えて行ったブランド「ファセル・ヴェガ」のクラブはファセリアを展示。
戦後フランスに彗星のごとく現れて消えて行ったブランド「ファセル・ヴェガ」のクラブはファセリアを展示。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

新着記事