「プジョー207」にスポーティモデル「Feline」登場

2009.02.10 自動車ニュース

「プジョー207」にスポーティモデル「Feline」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのハッチバックモデル「207」に、スポーティ仕様の「207Feline(フェリーヌ)」を設定し、2009年2月16日に発売する。

「207Feline」は、207(1.6リッター/5ドア)の4ATモデルに、スポーティアイテムを追加したもの。

同シリーズ「GTi」タイプの固定式ディレクショナルヘッドランプ、サテンシルバードアミラーカバー、革巻きステアリングホイールをはじめ、アルミペダルやバックソナー、ボディ同色のリアバンパー、17インチアロイホイールなどを採用。約15万円相当、10アイテムの装備を追加しつつ、価格は据え置きの239.0万円となる。

「207Feline」の導入によりベースグレードの「207」4ATモデルは、ラインナップから落とされ、ハッチバックシリーズのラインナップは以下のように変更された。

「207style」(1.4リッター/5ドア/5AT):210.0万円
「207」(1.6リッター/5ドア/5MT):234.0万円
「207Feline」(1.6リッター/5ドア/4AT):239.0万円
「207Cielo」(1.6リッター/5ドア/4AT):266.0万円
「207GT」(1.6リッターターボ/3ドア/5MT):266.0万円
「207GTi」(1.6リッターターボ/3ドア/5MT):322.0万円

(webCG ワタナベ)

プジョー207Feline
プジョー207Feline
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
ホームへ戻る