「プジョー207」にスポーティモデル「Feline」登場

2009.02.10 自動車ニュース

「プジョー207」にスポーティモデル「Feline」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのハッチバックモデル「207」に、スポーティ仕様の「207Feline(フェリーヌ)」を設定し、2009年2月16日に発売する。

「207Feline」は、207(1.6リッター/5ドア)の4ATモデルに、スポーティアイテムを追加したもの。

同シリーズ「GTi」タイプの固定式ディレクショナルヘッドランプ、サテンシルバードアミラーカバー、革巻きステアリングホイールをはじめ、アルミペダルやバックソナー、ボディ同色のリアバンパー、17インチアロイホイールなどを採用。約15万円相当、10アイテムの装備を追加しつつ、価格は据え置きの239.0万円となる。

「207Feline」の導入によりベースグレードの「207」4ATモデルは、ラインナップから落とされ、ハッチバックシリーズのラインナップは以下のように変更された。

「207style」(1.4リッター/5ドア/5AT):210.0万円
「207」(1.6リッター/5ドア/5MT):234.0万円
「207Feline」(1.6リッター/5ドア/4AT):239.0万円
「207Cielo」(1.6リッター/5ドア/4AT):266.0万円
「207GT」(1.6リッターターボ/3ドア/5MT):266.0万円
「207GTi」(1.6リッターターボ/3ドア/5MT):322.0万円

(webCG ワタナベ)

プジョー207Feline
プジョー207Feline

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第2回:プジョー208アリュール シエロパッケージ 2016.4.20 特集 フランス車ならではのしゃれた雰囲気と、取り回しのしやすいコンパクトなボディー、そして快活で気持ちのよい走りが身上の「プジョー208」。新しいパワートレインを得て、その走りはどう変わったか? 3人の論客が208の魅力を語り尽くす。
  • プジョー208アリュール シエロパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.12.3 試乗記 大がかりなマイナーチェンジを受けた「プジョー208」に試乗。1.2リッター直3エンジンにターボが付いた「アリュール」は、町なかを流しても、山道を飛ばしても楽しいプレミアムコンパクトに仕上がっていた。
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
ホームへ戻る