【スペック】全長×全幅×全高=4750×1850×1470mm/ホイールベース=2705mm/車重=1590kg/駆動方式=FF/2.4リッター 直4DOHC16バルブ(206ps/7000rpm、23.7kgm/4300rpm)/価格=338万円(テスト車=389万4500円)

ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】

ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT) 2009.02.10 試乗記 ……389万4500円
総合評価……★★★★★

フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
 
ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】

オトナのワゴン

「アコ−ド」というより、名前も「インスパイア・ワゴン」とした方がシックリくるほど、大きくて立派なボディサイズ。
最近のホンダは顔の表情こそキツくて戦闘的ながら、乗り味は落ちついてきており、昔のようにチョコマカした軽挙が無くなってきた。このアコードツアラーも、その例に漏れない。そのうえ従来どおりエンジンは滑らかに回り、かつパワフル。ドライビングコンピュータでみる限り燃費もよく、自動車として全体に洗練されてきているのは喜ばしい限りだ。

ATの設定も、変速パドルが固定されたものではないものの、ハンドル裏のスイッチは誇張されない存在で好ましい。操作方法よりもむしろ、設定がうまく、自然な変速フィーリングが得られる。しょせんATのマニュアルモードはエンジンブレーキを欲する時などで十分、加速については右足の踏み方ひとつで意思が伝えられる……そんな分別を感じさせるチューンもオトナの感覚といえる。

グラスエリアを薄めにとった結果、斜め後方などの視界がやや遮られているが、これも駐車モニターが備わっているおかげで、実際の見た目以上に情報を得ることができる。便利で親切なつくりのクルマである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る