【スペック】全長×全幅×全高=4342×1801×1294mm/ホイールベース=2415mm/車重=1355kg/駆動方式=MR/3.4リッター水平対向6DOHC24バルブ(310ps/6400rpm、36.7kgm/5500rpm)(欧州仕様車)

ポルシェ・ボクスターS(MR/7AT)【海外試乗記】

旧型オーナーのため息が聞こえる 2009.02.09 試乗記 ポルシェ・ボクスターS(MR/7AT)

「911」「ケイマン」に続き、オープンミドシップの「ボクスター」にも、ポルシェの新世代エンジン+トランスミッション搭載が完了。日本導入を前に、イタリアでその走りの進化を確かめた。

ポルシェ・ボクスター(MR/7AT)【海外試乗記】

オリジナルポルシェのDNA

ポルシェというブランドを代表するモデルが、今でも「911」である事は疑いない。収益の多くを、SUVである「カイエン」が上げようとも、念願の4ドアモデルである「パナメーラ」がリリースされようとも、そんな新参者が「ポルシェの一員」として認められるのは911というモデルが培ってきた歴史と名声があればこそなのだ。

一方、そんなポルシェのヒストリーは、実はミドシップの2シーターオープンカーからスタートしたことも忘れる事はできない。1948年6月8日。戦火を逃れてオーストリア・グミュントへと疎開したポルシェ設計事務所が開発した「356プロトタイプ1号車」が誕生。パイプフレーム式ボディにVW製エンジンをミドマウントしたこのモデルこそ、“ポルシェ”の名を冠した第1号車だったのだ。

というわけで少々前置きが長くなったが、ようはそんな“オリジナルポルシェ”のDNAを受け継ぎ、現代へと翻訳をしたモデルであるというのが、1996年に初代「ボクスター」が誕生して以来の、ポルシェ社からの一貫したメッセージ。そして、2004年からリリースされている現行2代目ボクスターにも、新開発エンジンの搭載と、ティプトロニックからPDKへのトランスミッション変更というリファインが実施されるときがやってきた。

「カレラGT」にインスパイアされたかのようなレイアウトのヘッドライトを採用、前後バンパーを新デザインのアイテムに変更するとともにテールランプにはLEDを用いて……といったエクステリアのリファインは、兄弟車である「ケイマン」と同様のアプローチ。やはり同様に初採用となったベンチレーション機能付きシートというオプションアイテムは、オープンモデルであるボクスターでは、とくにありがたい新装備といえそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
ホームへ戻る