「プジョー407」シリーズ、マイナーチェンジで装備充実

2009.02.06 自動車ニュース

「プジョー407」シリーズ、マイナーチェンジで装備充実

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「プジョー407」シリーズの内外装をマイナーチェンジ。2009年2月12日に発売する。

今回の変更は、ミディアムクラスセダン「407」とそのワゴン版「407SW」共通のもの。
フロントグリル内の垂直バーをクローム仕上げとし、リアのバンパーやコンビネーションランプのデザインも変更した。

インテリアは、センターコンソール、エアコンルーバートリム、ドアインナーハンドルトリムの素材を光沢ブラック仕上げに。全モデル電動本革シート仕様となり、HDDナビゲーションシステムは同社の最上級モデルが奢られる。ほか機能面では、前後のクリアランスソナーが標準化される。

カラーの選択肢が増えたのもポイントだ。エクステリアカラーは全7色。レザーのインテリアカラーは標準のブラックに加え、3リッターモデルではベージュや赤も並ぶ。
また、追加費用無しでインテリアカラーの受注生産にも対応。内外40パターンの組み合わせが選べるとのことだ。

価格は、以下のとおり。

セダン
・SV2.2:409.0万円
・SV3.0:469.0万円
ワゴン
・SW2.2:434.0万円
・SW3.0:486.0万円

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る