「プジョー407」シリーズ、マイナーチェンジで装備充実

2009.02.06 自動車ニュース

「プジョー407」シリーズ、マイナーチェンジで装備充実

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「プジョー407」シリーズの内外装をマイナーチェンジ。2009年2月12日に発売する。

今回の変更は、ミディアムクラスセダン「407」とそのワゴン版「407SW」共通のもの。
フロントグリル内の垂直バーをクローム仕上げとし、リアのバンパーやコンビネーションランプのデザインも変更した。

インテリアは、センターコンソール、エアコンルーバートリム、ドアインナーハンドルトリムの素材を光沢ブラック仕上げに。全モデル電動本革シート仕様となり、HDDナビゲーションシステムは同社の最上級モデルが奢られる。ほか機能面では、前後のクリアランスソナーが標準化される。

カラーの選択肢が増えたのもポイントだ。エクステリアカラーは全7色。レザーのインテリアカラーは標準のブラックに加え、3リッターモデルではベージュや赤も並ぶ。
また、追加費用無しでインテリアカラーの受注生産にも対応。内外40パターンの組み合わせが選べるとのことだ。

価格は、以下のとおり。

セダン
・SV2.2:409.0万円
・SV3.0:469.0万円
ワゴン
・SW2.2:434.0万円
・SW3.0:486.0万円

(webCG 関)

関連キーワード:
407SW407セダンプジョー407sw自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 「プジョー308/308SW」に充実装備の特別仕様車 2018.1.5 自動車ニュース 「プジョー308/308SW」に特別仕様車の「スペシャルエディション」が登場。「アリュール」「アリュールBlueHDi」の2グレードをベースに、17インチアルミホイールやサンルーフ、DENON製のオーディオシステムなどを特別装備している。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • ステーションワゴン、はじめました
    これが「ホンダ・ジェイド」の進む道!?
    2018.5.23 デイリーコラム 2列シートの5人乗りタイプ追加に加えて、スポーティーグレードの商品力を強化して販売不振からの脱却を図る「ホンダ・ジェイド」。「ヒンジドアミニバン」市場の縮小という状況下で、ホンダがとった秘策とは!?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
ホームへ戻る