【スペック】全長×全幅×全高=4585×1760×1515mm/ホイールベース=2635mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(154ps/6000rpm、20.2kgm/4250rpm)/価格=216万3000円(テスト車=252万7350円)

三菱ギャランフォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)【ブリーフテスト】

三菱ギャランフォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT) 2009.02.04 試乗記 ……252万7350円
総合評価……★★★★

ギャランフォルティスシリーズに、5ドアハッチバックの「スポーツバック」が追加された。5ドア人気の高い欧州ターゲットモデルに、リポーターは好評価を下した。その理由は……。

三菱ギャランフォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)【ブリーフテスト】

普段使いの良き相棒

「ギャランフォルティス」の新たなラインナップは、「スポーツバック」の名で呼ばれる5ドアハッチバックである。過去に三菱が販売していた「エテルナ」「ランサー」の例を持ち出すまでもなく、かつて日本ではまったく人気のなかった5ドアハッチバックだが、最近では「トヨタ・オーリス」や「スバル・インプレッサ」「マツダ・アクセラスポーツ」など、いくつかのモデルが安定した販売実績をあげている。セダンが「ギャラン」の名を使うことで既存の三菱セダンユーザーの代替需要の受け皿とされているのに対して、このスポーツバックの狙いは、これらの市場に食い込み、新規ユーザーを獲得することだと見るべきだろう。

特徴は、まずはスタイリングだ。逆台形グリルをフィーチャーしたフロントマスクと、大きく寝かされたテールゲートによって印象はグッとスポーティに。「ツーボックス」と呼びたくなるライバル達に対して、こちらはややクーペ的というか、よりカジュアルな雰囲気に仕上げられている。
しかし、決してユーティリティが犠牲にされているわけではない。大開口のテールゲートの存在はもちろん、空間を最大限に活用するパッケージングや使い勝手の良いアレンジは、普段使いのパートナーとして申し分ないものといえる。

走りっぷりも意外と言っては失礼だが、これが悪くなかった。試乗車の「スポーツ」の場合、特に技術的に注目すべきポイントがあるわけではなく、饒舌に魅力をアピールしてくるタイプでもないのだが、動力性能とハンドリング、乗り心地のバランスの良さには目を見張るものがある。どこにも嫌な引っ掛かり感がなく、しかも乗り手の意思を上手に汲んでくれるから、走らせていて爽快なのである。
週末に刺激を求めて乗るのなら、違う選択肢もあるかもしれない。しかし普段使いの良き相棒としてなら、このスポーツバックは結構イイ線をいっている。毎日じわじわと幸せを実感してくれる、そんな気がする。評価は悩んで4つ星としたが、心情的には4.5をあげたいところだ。

それにしても、こんな良い意味でのカジュアル感をもったクルマが「ギャラン」なのは、やはりチグハグな感じがしないでもない。セダンはともかく、こちらにこそは「ランサー」の名を与えても良かったのでは……? 引っ掛かるところがあるとしたら、そんな些細なことぐらいである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギャランフォルティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る