「サーブ9-5」2009年モデル発売、日本導入はエステートのみ

2009.02.02 自動車ニュース

「サーブ9-5」2009年モデル発表、日本導入はエステートのみ

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、「サーブ9-5」の2009年モデルを2009年2月7日に発売する。

2009年の「サーブ9-5」は、ワゴンボディの「Estate(エステート)」のみを導入。185psを発生する2.3リッターエンジンに5段ATを組み合わせた、右ハンドル仕様となる。

従来からの変更点として、17インチホイールやウォッシャー付きキセノンヘッドランプが標準装備されるほか、新しいインテリアトリム、リヤシートヒーターが採用された。また荷室は、フロアネットやカーゴフック、フロア下にはアンダートレイが備わるなど使い勝手の向上が図られた。

ボディカラーは、新たに設定された「ノクターンブルー」を含む4色から選べ、価格は490.0万円。メタリックペイントを選択すると、8万4000円がプラスされる。

(webCG 依田)

写真は、北米モデルの「9-5スポーツコンビ(日本名エステート)」
写真は、北米モデルの「9-5スポーツコンビ(日本名エステート)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。