第76回:最古の自動車CMソングを探せ!

2009.01.31 エッセイ

第76回:最古の自動車CMソングを探せ!

「ランチア・デルタ」のチベット篇。
第76回:最古の自動車CMソングを探せ!

ゴルバチョフがCMに!?

欧州では昨年末から、一風変わったランチアのテレビCMが放映されている。
「ノーベル平和賞サミット」と題した30秒ものだ。CMはこちら↓
http://it.youtube.com/watch?v=OBTW11TptAQ

「ランチア・デルタ」の車列がやってくるのだが、後席から降り立つ人々がスゴい。
ミハエル・ゴルバチョフ、ポーランドのワレサ元「連帯」議長といったノーベル平和賞受賞者たちだ。昨2008年コロンビア革命軍から解放されたイングリッド・ベタンクールも降りてくる。ことわっておくが、みんな本モノである。さらなるVIPは? と思うと、なぜか空席。そこに現れるテロップは「アウンサン・スーチー。1991年ノーベル平和賞」だ。
ミャンマー政府が続けている拘束からの解放をアピールするものである。

ランチアによれば、撮影は2008年12月のパリ。ランチアをメインスポンサーとした「世界ノーベル平和賞受賞者サミット」のときに行われたという。昨年新型「デルタ」発売と同時に議論を巻き起こした、「リチャード・ギアとミャンマー子供僧侶の触れ合い篇」CMに続く、なんとも社会派な内容である。
ここまでくると、次回作にも期待せざるを得ない。あとは、ランチアの欧州における販売が、その話題性に比例して盛り上がってくれることを願おう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。